キネシオテープの合宿

LINEで送る
Pocket

今日の午後から、キネシオテープの合宿と言うのに参加してきます。一応、主催の関東支部の理事と言う役目もしているので、主催者側な訳です。行かないわけにはいかない…。
その場の雰囲気と言ういい加減な設定ではありますが、Ustreamによるライブ配信も考えています。興味のある方は、是非ご覧下さい。時間が合わなかったらすみません。
合宿と言うのは、普通のセミナーと何が違うかと言えば、夜があることです。宴会があることです。
普通のセミナーよりも、もっと距離感近く、場合によっては裏話まで聞けてしまうかもしれない。
個人的には、普段考えていることややっていることに対して、かなり突っ込んで時間を気にせずに議論をすることができるのがいいかなぁ。相手をしてくださる方がいらっしゃればですけど。
セミナーと言うのは、ものすごく一般的で単純化した話がされます。これはキネシオテープのセミナーに限らないことだと思います。あまりに現場に則した話をすると、複雑になりすぎて受講者が訳分からなくなってしまうからですね。
でも、更にもう一歩突っ込んだものを身につけたい場合、ホンの微妙な違いにまで目を向けていかないといけない。
例えば、テストをするときに手を当てる場所を1cmずらしてみたり、力を入れる方向(角度)を10度位ずらしてみたり。
例えば、膝が痛い人には四頭筋を鍛えろとかはよく言われるようですが、実際には四頭筋のどれを狙って、全体の長さのうちのどこを特に意識したら良いの?とか。
合宿では、表向きでは一般的なセミナーみたいなプログラムですが、夜とか空き時間とか、そういう裏メニューみたいなものもあるかもしれないです。
ということで、楽しんできます。
あっ、裏メニューのUst配信の確率はかなり低いです。でもあるかもしれない…。

この記事を書いている人

走尾 潤Body Tuning Labo K7"代表 / Body Tuner
K7“代表の走尾(はしお)です。
工学部を出て、富士通系コンピュータメーカーで回路設計を11年以上経験してから人の身体の業界に入ってきました。
今の仕事も四捨五入して20年に入ってきて、かなりレベルが高くなってきています。
コンピュータ業界で培った考え方、アルゴリズムを人の身体を良くする手法に取り入れ、大きな成果を上げています。また、常に手法の修正を行っており、進化する施術を提供しています。
お客さまにはアスリート、ダンサー、職人さん、芸術系の方が多いです。
LINEで送る
Pocket