強くなりたい、トップに行きたいというアスリートでもほとんどできていないこと

LINEで送る
Pocket

昔からずーっとアスリートのボディメンテナンスをやってきて、思うことがあります。

「強くなりたい」とか「勝ちたい」っていう割には、ちゃんとできている人がいなくて、どうしてだろうって思うこと。それは「準備」です。

「えっ、準備はいつも万端だよ!」って思う方も多いと思いますが、僕たちの立場からするとそうでない人がほとんどです。

例えば、「痛みがある」ということ。どうして「痛み」が出てしまったのかを分析してみる。そして、対策をする。これらをしたことがなければ、準備はちゃんと行われていないということです。しょうがないじゃなくて、起こさないようにするのが準備です。

世界でもトップクラスと言ってほとんどの人が否定しないであろうメジャーリーガーのイチロー選手。こんな語録がありました。

夢をつかむ イチロー262のメッセージから引用

79 ハイレベルのスピードでプレイするために、
ぼくは絶えず体と心の準備はしています。
自分にとっていちばん大切なことは、試合前に完璧な準備をすることです。

90 やれることはすべてやったし、手を抜いたことは一度もありません。
常にやれることをやろうとした自分がいたこと、
それに対して準備ができた自分がいたことを、誇りに思っています。

準備、重要視しているんですね。決して、一夜漬け的なことをしているのではないようです。まぁ、完璧な準備なんてふつうはできるものでもないでしょう。でも、努力はしていくことは、強くなりたいのなら必要かなと思います。

あと、この本にはなかったのですが、ネットで見つけた語録。

プロ野球選手は、怪我をしてから治す人がほとんどです。
しかし、大切なのは怪我をしないように、普段から調整することです。怪我をしてからでは遅いのです。

僕が感じるところでは、プロ野球選手だけでなくて、ほとんどのアスリートがそうです。「痛くないから問題なし」と思っている選手が多いです。

K7”でよくお話しさせていただく「全身調整を定期的にしよう!」というのはこういうこと。イチロー選手がいうように、ほとんどの選手ができていないということは、理解が難しいんだろうなと思いますが、逆に言えば理解した選手は優位性を持てるということ。強くなるのは「練習量」だけでないということに気づいていただけたら嬉しいです。

 

イチロー 262のメッセージ
『夢をつかむイチロー262のメッセージ』編集委員会
ぴあ
売り上げランキング: 8,436

この記事を書いている人

走尾 潤Body Tuning Labo K7"代表 / Body Tuner

もともとは、富士通系のコンピュータメーカーでハード設計を11年くらいした。

ある時、運動選手のケアがしたくなり、脱サラ、接骨院開業。本格的にケア事業をするために、現在の自費治療院を開設。

今では、世界に挑戦するジュニアテニス選手やプロ選手。3時間を切る、比較的早い市民マラソンランナー、ダンサーや俳優などのケアサポートを行う。


LINEで送る
Pocket