junpa

貼り方

ランナーのための腕のフリが軽くなるキネシオテーピング

半分実験的なキネシオテーピングを紹介します。 手首周りに4分割、6分割したキネシオテープを網状に貼っていくと、腕のフリが軽くなります。最初は、練習するときに貼っていただいて、よければ大会で使う感じが良いと思います。 ランナーといって...
プロの実施例

2015年よこすかシーサイドマラソンのキネシオテーピングブースでの施術風景

2015年11月22日によこすかシーサイドマラソンが開催されました。その大会会場のキネシオテーピングブースでの施術風景です。 これから走る選手が、両膝に痛みと違和感を訴えています。 大会ブースなどでは全身をじっくりゆっくりみていくこ...
貼り方

足首捻挫予防のための足の裏へのキネシオテーピング

足首の捻挫はかなり多い怪我の一つです。スポーツ選手にとっては、日常茶飯事になっている方もいらっしゃいます。 今回紹介するキネシオテーピングは、足首の安定性が大幅に増しますので、予防効果が高いです。また、運動機能向上にも役立ちます。 ...
貼り方

腫れが出たときに少しでも早く引かせるキネシオテーピング

捻挫、打撲、肉離れなどなど怪我をしたときに内出血が出ることはあります。 この内出血を少しでも早く引かせるためにキネシオテーピングを使うことができます。少しでも早く引かせるためのテーピングであって「その場で治っちゃう」という類のものではあり...
貼り方

手首へのキネシオテーピング

手首や肘が痛い方、腕に力が入らず、重たいものが持ちにくい方におすすめです。 スポーツをする方では、ラケットやバット、クラブなど握る道具を使う方にもおすすめです。 【準備】 5cm幅のテープを用意します 長さは手首を一周巻いて2c...
貼り方

足裏へのキネシオテーピング 外反母趾

足の安定性が向上するテーピングです。 特に、外反母趾がある方や足の人差し指や中指の付け根付近に硬くなっているところがある(横アーチが落ちている)人に有効です。 この部分が硬い人の80%に膝の痛みがあります。そのため、膝に痛みがある方...
貼り方

下腹へのテーピング

肝心かなめのテーピングです。幅広い症状に使えて万能です。 身体を後ろに反らせたときに腰に痛みが出る場合には特に効果的です。また、女性限定ですが、生理痛にもとても効果があります。 体幹部をしっかりさせるので、膝や腰の痛みにも効果があります...
注意すること

お風呂に入るとき

キネシオテープの有効期間(貼っておける期間)は、だいたい2~3日です。そのため、貼ってから剥がすまでにお風呂に入るタイミングがあると思います。 お風呂に入る 基本的に濡れることには強いテープなので、貼ったままお風呂に入ります。ビニー...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました