貼り方

貼り方

ランナーのための腕のフリが軽くなるキネシオテーピング

半分実験的なキネシオテーピングを紹介します。 手首周りに4分割、6分割したキネシオテープを網状に貼っていくと、腕のフリが軽くなります。最初は、練習するときに貼っていただいて、よければ大会で使う感じが良いと思います。 ランナーといって...
貼り方

足首捻挫予防のための足の裏へのキネシオテーピング

足首の捻挫はかなり多い怪我の一つです。スポーツ選手にとっては、日常茶飯事になっている方もいらっしゃいます。 今回紹介するキネシオテーピングは、足首の安定性が大幅に増しますので、予防効果が高いです。また、運動機能向上にも役立ちます。 ...
貼り方

腫れが出たときに少しでも早く引かせるキネシオテーピング

捻挫、打撲、肉離れなどなど怪我をしたときに内出血が出ることはあります。 この内出血を少しでも早く引かせるためにキネシオテーピングを使うことができます。少しでも早く引かせるためのテーピングであって「その場で治っちゃう」という類のものではあり...
貼り方

手首へのキネシオテーピング

手首や肘が痛い方、腕に力が入らず、重たいものが持ちにくい方におすすめです。 スポーツをする方では、ラケットやバット、クラブなど握る道具を使う方にもおすすめです。 【準備】 5cm幅のテープを用意します 長さは手首を一周巻いて2c...
貼り方

足裏へのキネシオテーピング 外反母趾

足の安定性が向上するテーピングです。 特に、外反母趾がある方や足の人差し指や中指の付け根付近に硬くなっているところがある(横アーチが落ちている)人に有効です。 この部分が硬い人の80%に膝の痛みがあります。そのため、膝に痛みがある方...
貼り方

下腹へのテーピング

肝心かなめのテーピングです。幅広い症状に使えて万能です。 身体を後ろに反らせたときに腰に痛みが出る場合には特に効果的です。また、女性限定ですが、生理痛にもとても効果があります。 体幹部をしっかりさせるので、膝や腰の痛みにも効果があります...
貼り方

テープの持ち方、切り方

キネシオテーピングをするには、まず最初にテープを持って、必要な長さに切るという作業が発生します。どんなやり方でもいいのですが、こうやると効率いいよ、というものを紹介します。 もちろん、自己開発OKです。より効率的なものができたら教えて...
貼り方

キネシオテープの貼り方(最も重要)

キネシオテープの貼り方にはルールは一切ありません。ただ、先人たちが臨床を積み上げた上で、「こう貼ると効く」というものがありますので、紹介します。 基本形として覚え、試していただいて、独自のもっと効果の上がる貼り方を見つけられればぜひ世...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました