2015年よこすかシーサイドマラソンのキネシオテーピングブースでの施術風景

2015年11月22日によこすかシーサイドマラソンが開催されました。その大会会場のキネシオテーピングブースでの施術風景です。

これから走る選手が、両膝に痛みと違和感を訴えています。

大会ブースなどでは全身をじっくりゆっくりみていくことができないので、重要なポイントだけを抑えていく感じになります。この選手の場合には、まず体幹の働きをチェック→修正し、それから訴えのある両膝をチェックしていきます。

膝を支える筋肉は太ももの大腿四頭筋といわれます。大腿四頭筋は名前の通り4本(3列)の筋肉なので、それを一緒くたにテーピングしていくのは少し乱暴だと思っています。そのため、一つひとつ(内・中・外)とチェックして、その結果をもってテーピングしています。

この映像を見ると、一般的にいわれている大腿四頭筋のキネシオテーピングでは不充分だというのがわかると思います。

20151122よこすかシーサイドマラソンキネシオテーピング2

ご質問やご要望等がありましたら、LINEからお願いします。特に、次にどんなテーピングを紹介してほしいというような要望は、記事ネタにもなりますので、大歓迎です。なお、全部のメッセージに応答することはできないと思いますが、ご了承ください。

出来る範囲で対応いたします。

友だち追加
プロの実施例
スポンサーリンク
キネシオテーピング初心者のための情報館
タイトルとURLをコピーしました