下腹へのテーピング

肝心かなめのテーピングです。幅広い症状に使えて万能です。

身体を後ろに反らせたときに腰に痛みが出る場合には特に効果的です。また、女性限定ですが、生理痛にもとても効果があります。

体幹部をしっかりさせるので、膝や腰の痛みにも効果があります。また運動をする方は、運動前に貼っておくと動きにキレが出ます。故障予防にもなります。

ご高齢の方は、いつも貼っておくと、背筋がしゃきっとしてつまづきにくくなります。身近にご高齢の方がいらっしゃる場合には、貼ってあげてみてください。

テープの長さは、だいたい身体の幅にあわせます。(貼る前にテープを当てて測りましょう!)

貼るときには、おなかを膨らませておくとより効果が出やすいです。

  1. 切ったテープを半分に折り、真ん中に印をつける。(折り目でOKです)
  2. 印がへその下にくるように当てて、位置を確認してから貼る。

※注意 へそを塞がないように!力が入らなくなります。


ご質問やご要望等がありましたら、LINEからお願いします。特に、次にどんなテーピングを紹介してほしいというような要望は、記事ネタにもなりますので、大歓迎です。なお、全部のメッセージに応答することはできないと思いますが、ご了承ください。

出来る範囲で対応いたします。

友だち追加
貼り方
スポンサーリンク
キネシオテーピング初心者のための情報館
タイトルとURLをコピーしました