足首捻挫予防のための足の裏へのキネシオテーピング

足首の捻挫はかなり多い怪我の一つです。スポーツ選手にとっては、日常茶飯事になっている方もいらっしゃいます。

今回紹介するキネシオテーピングは、足首の安定性が大幅に増しますので、予防効果が高いです。また、運動機能向上にも役立ちます。

直感的にはこれが捻挫対策になると思えないかも知れませんが、かなりしっかり感が出ますので、この記事を見つけ出したあなたには是非試していただきたいです。

【準備】

  • 5cm幅×約15cmのキネシオテープ1本
  • 5cm幅×約7cmのキネシオテープ1本

※長さは大体です。実際の決め方は、映像の中で紹介していますので、そちらを参照ください

【貼り方】

  1. 2本のテープとも半分の幅2.5cm幅に切り分けます
  2. 長い方のテープは小指の付け根から踵に向けて貼ります
  3. 短い方のテープは母指球と小指球の間に貼ります
捻挫予防のための足底KT

【こんな感じで変わります】

このテーピングでどのくらい変わるのかの実験をしています。実験自体は簡単なので、ご自身でも是非試してみてください。きっと変化を感じることができます。

捻挫のテストとテーピング

ご質問やご要望等がありましたら、LINEからお願いします。特に、次にどんなテーピングを紹介してほしいというような要望は、記事ネタにもなりますので、大歓迎です。なお、全部のメッセージに応答することはできないと思いますが、ご了承ください。

出来る範囲で対応いたします。

友だち追加
貼り方
スポンサーリンク
キネシオテーピング初心者のための情報館

コメント

タイトルとURLをコピーしました