足首を捻挫したときにセルフケアとして自分で貼るキネシオテーピング

スポーツをしている人だけでなく、一般の方でも足首の捻挫をすることはたまにあります。

そんな時には、ちゃんと病院や治療院に行くことをお勧めしますが、補助療法的に自分でキネシオテーピングをしたい場合の貼り方を紹介します。

【用意するもの】

以下、用意するテープです。長さは目安です。人によって身体の大きさが多少は違いますので、下の方で紹介する動画をまず見ていただいて、自分の身体の長さを計ってみてください。

  • 5cm幅キネシオテープ
    • 7cmで6分割テープ×1本 (腫れが強い時)
    • 8cmで6分割テープ×1本 (腫れが強い時)
    • 27cm×2本

【貼り方】

腫れが強い時には、6分割のテープを長さ違いで2本用意し、腫れの出ている部分を覆うように貼ります。長いほうのテープをほぼ水平に、短いほうのテープを垂直貼るといいです。

6分割がきつければ4分割でも構いません。

縦方向に貼る長いテープは、

  • 足首の少し下、親指側から膝の外側の少し下にある骨の出っ張りを目指して貼る
  • 外くるぶしの後ろ、踵からふくらはぎの外側をまっすぐ上がる

という感じで貼っていただくと良いです。

以下の映像をご覧ください。(3分2秒)
だいぶイメージがわくと思います。

足首捻挫をした時に自分でするキネシオテーピング

他にも、捻挫予防のための足の裏へのキネシオテーピングなども併用するとよりいいかもしれません。是非試してみてください。


ご質問やご要望等がありましたら、LINEからお願いします。特に、次にどんなテーピングを紹介してほしいというような要望は、記事ネタにもなりますので、大歓迎です。なお、全部のメッセージに応答することはできないと思いますが、ご了承ください。

出来る範囲で対応いたします。

友だち追加
貼り方
スポンサーリンク
キネシオテーピング初心者のための情報館
タイトルとURLをコピーしました