野球肘やテニス肘などの肘の痛みに貼るキネシオテーピング

野球肘やテニス肘の症状をお持ちの方は割と多いです。正確にはいくつかの分類がありますが、それらを勉強するよりもまずテーピングしてしまいましょう。テーピング自体はすぐにできます。

テニス肘

ここの痛みがあるときに貼ってみよう

何をして痛みが出たかは、とりあえずおいておいていいと思います。テニスでも野球でも雑巾絞りでも仕事でたくさん物を握るでも、そんな握り系の作業が多い場合には効果的な可能性が高いです。

場所的にはこんな感じ。

痛みの場所

もちろん、握り系でなくても痛みがあれば試してみる価値はあります。

【用意するもの】

  • 5cm幅キネシオテープ 20~25cm (肘~手首用) を1本
    • Y字(二つ割り)にする
  • 5cm幅キネシオテープ 18~20cm (手首用) を1本

【貼り方】

  1. 最初に肘~手首に貼る。
    1. Y字にしたテープの割っていない方を肘に貼る
    2. 割ってある方の一つを親指側、甲側の骨のでっぱりに向けて貼る
    3. もう一方を小指側、甲側の骨のでっぱいに向けて貼る
  2. 1.で貼ったテープを剥がれないように抑えるために手首に貼る(手首テープ)

詳細は、以下の映像を参照ください。

テニス肘や野球肘など、自分で貼るキネシオテーピング

テーピングは技術なので、たくさん貼った方がより効かせられるようになります。理屈はものすごく大切ですが、一般の方はまず技から入ることをお勧めします。(プロはだめですよ)


ご質問やご要望等がありましたら、LINEからお願いします。特に、次にどんなテーピングを紹介してほしいというような要望は、記事ネタにもなりますので、大歓迎です。なお、全部のメッセージに応答することはできないと思いますが、ご了承ください。

出来る範囲で対応いたします。

友だち追加
貼り方
スポンサーリンク
キネシオテーピング初心者のための情報館