膝が痛いときに貼るキネシオテーピング(膝窩筋)

膝が痛いときにもキネシオテーピングは使えます。

一般的、教科書的には太ももの前側に、膝のお皿の部分を丸く囲うように貼るテーピングが紹介されることが多いです。それはそれで効果はあるのですが、それでも効果がないとかもう少し効かせたいと思ったときに試してみたいテープを紹介します。

この貼り方を覚えれば、膝の痛みを減らせる可能性が高まります。膝の痛みと一言でいっても、実はたくさんの原因があるのでたった一つのやり方ですべてをカバーすることは難しいからです。

このテープは、一般の方が見落としがちな膝の裏へアプローチします。テープの長さも短く、失敗はしにくいです。

膝の裏へ貼るので貼るところが直接見えず、最初はちょっと難しい感じがするかもしれませんが、すぐに慣れます。

【用意するもの】
– 5cm幅キネシオテープ 15cmをY字にカットしたもの一本

【貼り方】
– 後ろから見たら逆ハの字になるように貼ります。
– 膝の裏のちょうど曲がる皴になっているところが中心になるように貼ります。
– 角度的には45°を意識しましょう
– 上側から下側に向かって貼るといいです。

詳細は、以下の映像を参照ください。

膝の痛みへのキネシオテーピング

テーピングは技術です。ただ一度、この記事を読んでいただいたり映像を見ただけで上手になるわけではありません。最初は効かない感じがしても、何度か試してみてください。


ご質問やご要望等がありましたら、LINEからお願いします。特に、次にどんなテーピングを紹介してほしいというような要望は、記事ネタにもなりますので、大歓迎です。なお、全部のメッセージに応答することはできないと思いますが、ご了承ください。

出来る範囲で対応いたします。

友だち追加
貼り方
スポンサーリンク
キネシオテーピング初心者のための情報館
タイトルとURLをコピーしました