ふくらはぎへのキネシオテーピング(腓腹筋)

スポーツの現場に行くと、ふくらはぎにキネシオテーピングをしている人を時々見かけます。たくさん動いて疲れがたまると張りがでやすいので、ユーザーが多いのでしょう。
ということで、いまさらという方も多いとは思いますが、プロの貼るところを見るのが初めての方もいらっしゃると思いますので映像で紹介します。 先に、一つだけプロ視点から注意点をお知らせします。ふくらはぎには(覚える必要はありませんが)、
  • 腓腹筋(ヒフクキン)
  • ヒラメ筋
と呼ばれる筋肉があります。この二つは、形が少し違っていて、でも重なり合って似通っています。一般的にふくらはぎにキネシオテープを貼る場合には、腓腹筋を狙うことが多いです。 この腓腹筋は、思ったより太いです。そのため、キネシオテープを「筋肉を包むように貼る」と貼ったあとに後ろから見るとテープはほとんど見えないです。後ろからでもしっかり見える貼り方よりは、広めに貼った方が効きがいいので意識していただけるといいと思います。 映像でも説明していますので、注意して見てみてください。 【用意するもの】
  • 5cm幅キネシオテープ
    • 長さは踵(かかと)から膝の裏の曲がる皺がついているあたりまで。人によって長さがだいぶ変わります。
    • 10cmほど残してY字にカットしておく→厳密な長さでなくてOKです。
【貼り方】
  • 踵はしっかりと曲げておき、アキレス腱をしっかりと伸ばしておきます。
  • 半分弱、台紙をはがしておきます。全部はがすと失敗しやすいです。
  • 足の裏にスタート地点をしっかりと貼り、踵の曲げる部分を丁寧に貼ります。
  • 膝の裏に向かって仮置きします。
  • 内側からでも外側からでもいいので、丁寧に貼ります。
詳細は、以下の映像を参照ください。
ふくらはぎに貼るキネシオテーピング
比較的長いテープで身体の後面に貼るので、最初は難しいかもしれません。今回の映像は、他人に貼るところなのでそれほど難しそうに見えませんが、実際に自分で貼る場合には多少の連取が必要かもしれません。 一度、二度の失敗にめげずに覚えていただけましたら幸いです。

ご質問やご要望等がありましたら、LINEからお願いします。特に、次にどんなテーピングを紹介してほしいというような要望は、記事ネタにもなりますので、大歓迎です。なお、全部のメッセージに応答することはできないと思いますが、ご了承ください。

出来る範囲で対応いたします。

友だち追加
貼り方
スポンサーリンク
キネシオテーピング初心者のための情報館
タイトルとURLをコピーしました