いびきを軽減するキネシオテーピング

いびきって、自分ではなかなかわかりにくいものです。

いびきをかいていると周りに迷惑をかけることがあります。 友人知人と旅行に行ったり、チームで合宿や遠征などがあって大部屋に宿泊するなど、そんな時には自分のいびきが周りに迷惑をかけることがあります。

迷惑という観点だけでなく、自分の健康という意味でも問題になることがあります。

いびきをかいていると眠りが浅くなっていることがあります。すると、翌日一日眠かったり、集中力が落ちたりそんなことも起こります。

毎日たくさん寝ているのに次の日に一日中眠いという方は、そんなことが起こっている可能性もゼロではありません。

なので、この記事ではいびきを止めるためのキネシオテーピングを紹介します。

もちろん、この記事で紹介するテーピングをしたら全ての方のいびきを100%止められるとか、そんなことはありません。でも、かなりの確率でいびきを小さいものにできると思っています。

これから紹介するいびきのテープは、

  • メイン
  • オプション1
  • オプション2

の3種類のテープで構成します。

とりあえず試したい方はメインのテープだけでOKです。

いびきをかく方で、比較的鼻が詰まりやすいとか、いびきの原因が鼻にあるような感じがする方はオプション1も併せて使ってみてください。

寝ている時に、口を開けて口呼吸になってしまっている方はオプション2も併せて貼ってみてください。鼻が悪くて口呼吸になってしまう方は、オプション1とオプション2の両方をメインに加えて貼ってみてください。

今回のテーピングは鏡の前で貼るといいと思います。では、貼って行きましょう。

メイン: いびきを減らす

いびきを減らすためのキネシオテープです。

用意する物

  • 種類: 5cm幅テープ
  • 長さ: 6cm
  • 本数: 1本

貼り方

下顎(あご)から喉仏に向かってに貼ります。

鏡の前で貼っていただくと自動的になると思いますが、ある程度上を向いて貼る場所を伸ばす感じにして貼ってください。

オプション1: 鼻を通りやすくする

用意する物

  • 種類: 2.5cm幅テープ
  • 長さ: 3cm
  • 本数: 2本 (左右)

貼り方

頬の上に縦に貼ります。

黒目の真下辺りに頬骨が出っ張っていると思います。その上に縦方向に貼ります。場所的には、それほど厳密でなくても大丈夫です。

オプション2: 口を閉じやすくする

用意する物

  • 種類: 2.5cm幅テープ
  • 長さ: 3cm
  • 本数: 2本 (左右)

貼り方

奥歯を噛み締めてみてください。顎のえらの近く、奥歯のちょうど上位に盛り上がる筋肉があると思います。指をあてていればわかりやすいです。

その筋肉の上を覆うように貼ります。このテープは人によって差が大きいです。なので、奥歯をしっかりと噛みしめて、自分の筋肉の位置を把握するようにしてください。

まとめ

世の中にいびき対策品はたくさんあります。

これもその一つとして考えていただければいいと思います。これが絶対ということではなくて、実際に試していただき、手軽な割に効果があると思われたら、日常的に使ってみてください。

今回のテープは顔に貼るものです。顔の大きさは人によって全然違うので、テープの長さや幅についても、違和感があるようでしたらご自分の顔の大きさに合わせて調整してみてください。

顔にテープを貼った状態は人に見せられるようなものではないかもしれません。でも、夜寝る時だけで良いので、試してほしいです。

初めて貼った次の日の朝、「なんか眠くて起きられない…」っていう感じでしたら、普段よりも深く寝られた可能性があります。

これを試した翌朝、こんな感じになる方が多いです。さらに次の朝からは特に何も感じなくなります。心配はいりません。

では、ご自身も周りも素敵な睡眠を。


ご質問やご要望等がありましたら、LINEからお願いします。特に、次にどんなテーピングを紹介してほしいというような要望は、記事ネタにもなりますので、大歓迎です。なお、全部のメッセージに応答することはできないと思いますが、ご了承ください。

出来る範囲で対応いたします。

友だち追加
貼り方
スポンサーリンク
キネシオテーピング初心者のための情報館
タイトルとURLをコピーしました