スノーボーダーのためのケア&コンディショニングセミナー

LINEで送る
Pocket

今年からタイトルのようなものをうちを会場にはじめています。年4回のスケジュールで、日々の治療やトレーナー活動を通して考えたこと、思ったことを近所のスノーボードチーム(45degrees)の方々にお話させていただいています。

今回は第2回目。ぼちぼちシーズンインと言うこの時期に、やった方がいいことや考え方を話しまず。僕自身はスノーボーダーではないので、一般的な話になります。もちろん、ごく一般的な話をしても全く価値がないので、うちでの実験結果を踏まえた、実践的な話をします。もちろん、セミナーに参加してくださる選手たち自身にも体験をしていただいています。やっている方も勉強になるし、結構面白いです。

今回は「言葉が身体(脳)に与える影響」というのをやります。 人間の脳は、かなり高性能。だけど、制御しきれない部分もあります。ちょっとした言葉一つで身体の動きががらっと変わってしまいます。これは、理屈ではどうしようもなくて、とにかく変わってしまいます。

このことを知っておくと、試合や練習前にどうしたらいいのかがわかります。

と書いておいても、このセミナーはクローズなので一般の方を受け入れられません。ごめんなさい。そんなこともやっていますというお話です。

この記事を書いている人

走尾 潤Body Tuning Labo K7"代表 / Body Tuner

もともとは、富士通系のコンピュータメーカーでハード設計を11年くらいした。

ある時、運動選手のケアがしたくなり、脱サラ、接骨院開業。本格的にケア事業をするために、現在の自費治療院を開設。

今では、世界に挑戦するジュニアテニス選手やプロ選手。3時間を切る、比較的早い市民マラソンランナー、ダンサーや俳優などのケアサポートを行う。


LINEで送る
Pocket