スノーボーダーのための身体関連のセミナー

LINEで送る
Pocket

ちょっと時間が経ってしまいましたが、スノーボーダーの方々を対象にコンディショニングやトレーニング、その他についての勉強会を接骨院でやりました。

今回の参加人数は8人。ほとんどが女性の華やかな勉強会となりました。人数的にも目の届きやすい、こじんまりとした会でとてもやりやすかったです。

テーマは、

  • 怪我をしたときの応急処置
  • 基本となるトレーニングと考え方
  • 運動での意識の持ち方
  • メインの「言葉は身体運動に大きく影響する」

等々盛り沢山なものになりました。

「言葉」の話は、先週のブログ記事にも何度か書きましたが、ちょっとした言葉が身体運動に大きく影響します。ほんのささやいたつもりの言葉で、身体運動能力が上がったり、落ちたり。それらを自分でコントロールすることも非常に重要です。それらを事前情報なしに選手の方々に体験をして頂いて、驚きとともに頭に焼き付けてもらいました。

いろいろなところで、プラスイメージは大事だとか前向きに生きようとか話を受けることがありますが、それだけよりも言葉にするとこれだけ身体が変わる。実体験をした人の理解度は非常に大きかったと思います。

また、色々な話題を練って提供したいとネタを探していきます。

この記事を書いている人

走尾 潤Body Tuning Labo K7"代表 / Body Tuner
K7“代表の走尾(はしお)です。
工学部を出て、富士通系コンピュータメーカーで回路設計を11年以上経験してから人の身体の業界に入ってきました。
今の仕事も四捨五入して20年に入ってきて、かなりレベルが高くなってきています。
コンピュータ業界で培った考え方、アルゴリズムを人の身体を良くする手法に取り入れ、大きな成果を上げています。また、常に手法の修正を行っており、進化する施術を提供しています。
お客さまにはアスリート、ダンサー、職人さん、芸術系の方が多いです。
LINEで送る
Pocket