キネシオテーピングセミナー上肢編やりました。

LINEで送る
Pocket

もう今年の営業は終了しましたが、報告だけ。

先週の土曜日の午後、K7″でキネシオテーピングセミナー上肢編を開催しました。今回は、それほど大々的な集客活動をしていなかったので、参加していただいたのは女性2名。ちょっと寂しい気もしますが、その分しっかりと、かなり密度濃く学んでいただけたものと思います。

内容的には、

  • キネシオテーピングの基本(持ち方とか切り方、貼り方など)
  • 手首1種類
  • 肘1種類
  • 肩3種類
  • 骨盤調整テープ

です。

上の中で、例えば手首と言っても、実は手首の痛みだけでなく肘の痛みなどでも聞いてくることがあります。あと、一般の方にはテープはただぺたっと貼ればいいと思っている方が多いですが、見た目は一緒でも受講生が貼るのと僕が貼るのでは効きが違うことがあるのも体験していただけました。

テーピングは「技能」です。本を読んだだけでは、一見貼れるようになれそうですが、ちゃんと貼れているかどうか、聞いているかどうかの評価ができません。一度くらいはちゃんと習っておく方が賢明です。

ということで、来年1月17日土曜日の午後に、下肢編をやりますので、興味のある方はアクセス(電話もしくは Facebookページ )してください。ちなみに、スポーツをされているお子様をお持ちの方は、一緒に参加していただくことができます。

この記事を書いている人

走尾 潤Body Tuning Labo K7"代表 / Body Tuner
K7“代表の走尾(はしお)です。
工学部を出て、富士通系コンピュータメーカーで回路設計を11年以上経験してから人の身体の業界に入ってきました。
今の仕事も四捨五入して20年に入ってきて、かなりレベルが高くなってきています。
コンピュータ業界で培った考え方、アルゴリズムを人の身体を良くする手法に取り入れ、大きな成果を上げています。また、常に手法の修正を行っており、進化する施術を提供しています。
お客さまにはアスリート、ダンサー、職人さん、芸術系の方が多いです。
LINEで送る
Pocket