上達する練習方法

LINEで送る
Pocket

 あるチームに参加していたときのことです。
 練習が終わると、最後に軽いミーティングみたいなものがあります。連絡事項を伝えることと、その日の練習について一人二人感想を言うというのがその内容です。
 その日のあるベテラン選手の感想
「最近チームの調子はいいけど、慢心しないでもっと高いレベルのプレーをするように心がけよう」
というものでした。うんうん、常に向上しなけりゃいけないなと同じ思いを持ちました。
 ところで、上達をするにはどんな練習方法を採ったらいいでしょうか?もちろん、100点をつけられる練習方法って言うのは非常に難しいと思います。チーム(選手)の状態はいつも変わるし、天候なども条件も変わる。だからスタッフ側も常に100点を目指して練習メニューを考えていく必要があると思います。
 で、練習方法を考える上で、大きく分けて二つの方法があるように思っています。(別の考え方をすればもっとあるでしょう)
一つは、難しい技術や苦手な技術に挑戦する方法。
もう一つは、基本的でやさしい技術を非常に高い精度で行う方法。
 いろいろなところの練習を見ていて、このことは気づかないうちにされてはいますが、意識はされていないと思います。まっ、考え方によってはこの二つは結局同じことでもあるとは思います。
例えば、サッカーのシュート。
難しい技術の方は、いろんな角度からパスをもらったり、スピードの違うパスをもらったり、打つときもいろいろな角度から打ってみるとか。
簡単な技術を高い精度での方は、正面から出いいから必ずポストに当ててゴールに入れるなど。
例えばバレーボールのレシーブ。
難しい技術の方は、スピード、角度、距離などをどんどん変えていく。
高い精度の方は、やさしいパス出しをしてもらっても構わないから5cmとずれないボールを返すなど。
精度に関してはどんどん高くすることが出来るので、「出来るようになった」というのはありえないことだと思います。
この両方の考え方をうまくバランス、ミックスさせて練習をしていくと効率よくトータルで上達をするように思います。
 まずは難しいことがそこそこ出来るようになること、そして簡単なことを正確に出来るようになること。この辺を強く意識してメニュー組をしてみてはどうでしょうか。
次回
目的と意識付けあたりを書ければ書いてみたいなと思います。

この記事を書いている人

走尾 潤Body Tuning Labo K7"代表 / Body Tuner
K7“代表の走尾(はしお)です。
工学部を出て、富士通系コンピュータメーカーで回路設計を11年以上経験してから人の身体の業界に入ってきました。
今の仕事も四捨五入して20年に入ってきて、かなりレベルが高くなってきています。
コンピュータ業界で培った考え方、アルゴリズムを人の身体を良くする手法に取り入れ、大きな成果を上げています。また、常に手法の修正を行っており、進化する施術を提供しています。
お客さまにはアスリート、ダンサー、職人さん、芸術系の方が多いです。
LINEで送る
Pocket