体幹を鍛えよう!

LINEで送る
Pocket

体幹とは、おおざっぱに言うとボディ、胴体のこと。これを鍛えると、いいことが沢山あります。運動選手に限らず、一般の方々もです。

一般的にトレーニングというと、腕を鍛えたり足を鍛えたりすることが多いと思います。もちろん、腹筋や背筋などの体幹に属する部分を鍛えることも行われているとは思います。

体幹を鍛えようと言った場合、もう少し細かく言うと、身体の表面に近い筋肉よりも骨や内臓に近い筋肉を鍛えましょうということになります。

筋肉は多層構造になっているということは、その役割が少しずつ違うということです。表面に近い筋肉は、主に力を発揮する、関節を動かすという役割を担っています(大きな力を出しやすい)。逆に深いところにある筋肉は、関節の安定性を得るための役割を担っています(大きな力は出しにくい)。グラグラしにくくするという感じ。

体幹を鍛えることで、身体の安定性が出てスムースな動きが得られます。
じゃ、うちではどんなことをやっているかと言うと、
★道具を使うもの

★道具を使わないもの

等など。
どれもそんなにつらいものではないのですが、いつの間にかじわじわ効いてくる感じです。安定性が出てくるって、力がついてくるよりも解りにくいものではあります。
それぞれについては、そのうちに少しずつ書いていきたいと思います。

この記事を書いている人

走尾 潤Body Tuning Labo K7"代表 / Body Tuner

もともとは、富士通系のコンピュータメーカーでハード設計を11年くらいした。
ある時、運動選手のケアがしたくなり、脱サラ、接骨院開業。本格的にケア事業をするために、現在の自費治療院を開設。
今では、世界に挑戦するジュニアテニス選手やプロ選手。3時間を切る、比較的早い市民マラソンランナー、ダンサーや俳優などのケアサポートを行う。

LINEで送る
Pocket