中学生の部活動

LINEで送る
Pocket

最近特別と言うことではないのですが、部活をしている中学生をみることがあります。
高校生やそれより歳が上の方と違って、中学生の場合ほとんどがオーバーワークの系統の障害です。
話を聞くと、かなり長い時間の単純な練習を行っていることが多いです。技術的な練習と言うよりも、ひたすら走らせたりのような練習です。
で、それだけの練習をして、チームとして強いのかと聞くと…、決して強くないのです。
怪我人が多くないか聞くと、結構いるらしいんです、障害を持った選手。
これって一体どういうことでしょうか?
練習は多い、きつい、強くない、怪我人が多い。
指導をする方がもう少し中学生の身体というものを考えた方がいいんじゃないかなぁ、と思うことがしばしばです。
練習は少ない、楽しい、でも強い、怪我人もいない。そんな練習方法を考えてみませんか?
多分それが指導者の優秀さなんでしょうね…。

この記事を書いている人

走尾 潤Body Tuning Labo K7"代表 / Body Tuner

もともとは、富士通系のコンピュータメーカーでハード設計を11年くらいした。

ある時、運動選手のケアがしたくなり、脱サラ、接骨院開業。本格的にケア事業をするために、現在の自費治療院を開設。

今では、世界に挑戦するジュニアテニス選手やプロ選手。3時間を切る、比較的早い市民マラソンランナー、ダンサーや俳優などのケアサポートを行う。


LINEで送る
Pocket