埼玉BULLS

LINEで送る
Pocket

 いつもいつも遅刻なんですが、バレーボールの練習に顔を出してきました。選手たちはみなベテランなので、とりあえずは仕事はなくて外から眺めているだけです。何か身体の問題が発生した選手がどうにかなるか聞きに来る感じです。
 練習方法もいつもの通りだと思います。スパイクしたり、サーブしたり、と多分ごく一般的。
 で、最近はちょっと気になっている身体の動きがあって、着目点を決めています。何を見ているか簡単に言ってしまうと、「身体の力がしっかりボールに伝わっているかどうか」です。ボールを打つ時でもレシーブする時でも同じです。さすがにベテランでしかも全国優勝するレベルのチームなので、みんなとってもきれいな動きです。まっ、誰しも多少の癖があって、力が抜けてしまうようなこともあるといえばあります。
 この前高校生の県大会を見に行った時には、かなりもったいない動き方をしている選手を沢山みました。(特に女子)
やっぱり経験(練習)の量って大事なんだなと思いました。
 この話、改善するトレーニングはあります。が、これは企業秘密です…。(何てほどのことはないんです、実は。)

この記事を書いている人

走尾 潤Body Tuning Labo K7"代表 / Body Tuner

もともとは、富士通系のコンピュータメーカーでハード設計を11年くらいした。

ある時、運動選手のケアがしたくなり、脱サラ、接骨院開業。本格的にケア事業をするために、現在の自費治療院を開設。

今では、世界に挑戦するジュニアテニス選手やプロ選手。3時間を切る、比較的早い市民マラソンランナー、ダンサーや俳優などのケアサポートを行う。


LINEで送る
Pocket