東京国際女子マラソン

LINEで送る
Pocket

先日の日曜日にテレビで放送されていました。
「高橋尚子vs土佐礼子」
で、盛り上がっていましたが…、
当院でケアをしている方も、市民の部で走っていました。
残念ながら、テレビで姿を見つけることはできませんでしたが、結果を見ると完走。
一般の部で上位1/4くらいで走っていました。
タイム的には、いいのか悪いのかは分からないのですが、前日に
「3時間○○分くらいかなぁ…」
って言っていた記録より15分くらい速く走られたようです。
あの寒いコンディションの中、いい結果だったと信じています。
直前のコンディショニング、身体を目一杯使う競技ほど効果が高いです。
戦術でごまかすことができないからだと思います。
今見ているバレーよりもバスケ。
バスケより陸上なんでしょうね。
来年より、
「試合直前コンディショニング。あなたのパワーを100%引き出します。」
メニューを提供できるように準備中です。

スポーツテーピング
 ←お手数ですが、クリックでこのブログを応援してください!

この記事を書いている人

走尾 潤Body Tuning Labo K7"代表 / Body Tuner

もともとは、富士通系のコンピュータメーカーでハード設計を11年くらいした。
ある時、運動選手のケアがしたくなり、脱サラ、接骨院開業。本格的にケア事業をするために、現在の自費治療院を開設。
今では、世界に挑戦するジュニアテニス選手やプロ選手。3時間を切る、比較的早い市民マラソンランナー、ダンサーや俳優などのケアサポートを行う。

LINEで送る
Pocket