バレーボールサポート

LINEで送る
Pocket

久しぶりにバレーボールのサポートをしてきました。
大学2部の女子チームです。


前日の天気予報では、30度を越えるとか。
蓋を開けてみれば、雨が降って肌寒い天気。
まっ、スポーツはしやすい感じです。
朝一の試合で、早くから選手達の身体を動きやすく
作っていきます。
全体的に、体幹部が弱い感じ。
結果は、フルセットまでいったものの負けてしまいました。
遠くからうちに治療に着てくれている選手達は、
どうしても勝ちたかったらしく、涙が…。
でも、負けが悔しくて涙をみたのは久しぶりです。
それだけ、勝ちにこだわった試合に携われたのは、
とっても光栄なことです。
(前回の涙は、3年前の国体だったかな…)
また、サポートの機会はあると思います。
もっと、多様なサポートをしていけたらいいなと思っています。

この記事を書いている人

走尾 潤Body Tuning Labo K7"代表 / Body Tuner
K7“代表の走尾(はしお)です。
工学部を出て、富士通系コンピュータメーカーで回路設計を11年以上経験してから人の身体の業界に入ってきました。
今の仕事も四捨五入して20年に入ってきて、かなりレベルが高くなってきています。
コンピュータ業界で培った考え方、アルゴリズムを人の身体を良くする手法に取り入れ、大きな成果を上げています。また、常に手法の修正を行っており、進化する施術を提供しています。
お客さまにはアスリート、ダンサー、職人さん、芸術系の方が多いです。
LINEで送る
Pocket