嬉しいマラソン参加ツイートをいただきました!

LINEで送る
Pocket

K7”という屋号の由来は、「(サブスリーランナーが)フルマラソンで1Kmあたり7秒はうちで削ります!」という目標値から来ます。これは、3時間あたり5分位縮めるということ。

実際、そのくらいのタイムアップをしてきてくださる方がいるので、結果が出た時には僕自身も自分が走ったかのように滅茶苦茶嬉しいです。出なかった時には、「次には絶対!」とかも思います。もちろん、すべての選手にというわけにはいかなくて、タイムの伸び代が身体の動きの問題にある場合にのみ可能です。そもそもがスタミナ不足であればあまり貢献できませんが、身体の動きの悪さでタイムが出ていない場合には、かなりいい結果を生むことが多いですね。

で、先々週、今週と大会エントリーしてくださった方が、想定タイムよりもだいたい7秒/Km速いタイムでゴールしてくださっているので、よっしゃ!ッて感じです。

他の方からもにもハーフでPBの報告を頂いており、今シーズンも皆さんの頑張りに加えて、K7”の頑張りでPBの量産をしていただけたらと思います。

今シーズンも頑張りましょう!

この記事を書いている人

走尾 潤Body Tuning Labo K7"代表 / Body Tuner
K7“代表の走尾(はしお)です。
工学部を出て、富士通系コンピュータメーカーで回路設計を11年以上経験してから人の身体の業界に入ってきました。
今の仕事も四捨五入して20年に入ってきて、かなりレベルが高くなってきています。
コンピュータ業界で培った考え方、アルゴリズムを人の身体を良くする手法に取り入れ、大きな成果を上げています。また、常に手法の修正を行っており、進化する施術を提供しています。
お客さまにはアスリート、ダンサー、職人さん、芸術系の方が多いです。
LINEで送る
Pocket