講演会

LINEで送る
Pocket

日曜日に埼玉体協主催の講演会「2005 Victory Summit in 埼玉」と言うのに行って来ました。
多分目玉は競泳の北島康介選手のコーチの平田さん。世界と戦う人の話が聞ける機会には極力行くようにしています。
年齢的には多分ほぼ同世代。(ずいぶん差がありますが…)熱血にーちゃんって感じの元気な方でした。
やっぱり世界を経験しているだけあって、いろいろな話がありとっても参考になりました。中でも
「指導者は既成概念にとらわれず、他の競技の方の話しでも謙虚に聞かないといけない」
と話されていたのはさすがだなぁと思いました。
自分が携わっている狭い世界を見ても、これが駄目な協議指導者って割といます。最近では、とある指導者が「テーピングをするとそれに頼り切るようになるからやってはいけない」と選手に指導をしている話を聞きました。う??ん、唸ってしまいます。
沢山の選手たちに指導をするには、それなりに話術も必要になってくると思います。講演とはちょっとスキルが違うかもしれませんが、共通するものは多いはず。ためになるだけでなくとても楽しかったです。
あんな指導者になれたらいいなぁと思いつつ、更に精進しなければと刺激を受けた一日でした。

この記事を書いている人

走尾 潤Body Tuning Labo K7"代表 / Body Tuner
K7“代表の走尾(はしお)です。
工学部を出て、富士通系コンピュータメーカーで回路設計を11年以上経験してから人の身体の業界に入ってきました。
今の仕事も四捨五入して20年に入ってきて、かなりレベルが高くなってきています。
コンピュータ業界で培った考え方、アルゴリズムを人の身体を良くする手法に取り入れ、大きな成果を上げています。また、常に手法の修正を行っており、進化する施術を提供しています。
お客さまにはアスリート、ダンサー、職人さん、芸術系の方が多いです。
LINEで送る
Pocket