勉強会

LINEで送る
Pocket

今週の土曜日に、以前当院で働いてくれ、今アメリカの大学に在学中の中村君の講演会(?)があります。
講演会と言うか、勉強会ですね。
当院でのスポーツ現場での選手サポートのやり方は、一般的に言われるアスレティックトレーナーのサポートとは違います。
そこで、本場アメリカでアスレティックトレーナーの勉強をしている中村君に、それぞれの違いと長所・短所をまとめて貰っています。
そして、今後日本において、スポーツ現場での選手サポートのあり方を考えていこうとう趣旨です。
この話はかなり楽しみで、今後の当院の特色の出し方のベースになっていくものと考えています。
あと、僕のほうから身体全体をみるにはどうしたらいいか、どんなところに気をつけたらいいかを話していきたいと思っています。
ところで、ここ10年ほどでこういった発表の場にOHPではなく、パワーポイントなどのプレゼンテーションソフトが使われるようになってきました。
当院での勉強会にもどんどん導入をしていこうと話をしています。
院内での勉強会で発表をする人は、プレゼンソフトで資料を作り、それに基づき勉強会を進めていく。
今後、トレーナー活動の営業等でどうしても必要になるはずのスキルなので、スタッフ達にもできるようになって欲しいと思っています。
今は、パワーポイントを買わなくとも、openofficeというフリーのソフトがあるので、費用もかけずにスキルアップができます。
来年は、一般の方にも有益な題目でたくさん勉強会をやりたいと思っていますので、参加していただけるように頑張ります。

この記事を書いている人

走尾 潤Body Tuning Labo K7"代表 / Body Tuner
K7“代表の走尾(はしお)です。
工学部を出て、富士通系コンピュータメーカーで回路設計を11年以上経験してから人の身体の業界に入ってきました。
今の仕事も四捨五入して20年に入ってきて、かなりレベルが高くなってきています。
コンピュータ業界で培った考え方、アルゴリズムを人の身体を良くする手法に取り入れ、大きな成果を上げています。また、常に手法の修正を行っており、進化する施術を提供しています。
お客さまにはアスリート、ダンサー、職人さん、芸術系の方が多いです。
LINEで送る
Pocket