勉強会その後(報告)

LINEで送る
Pocket

今回の勉強会は、非常に学びが多かったです。
ヘタをすると、その場だけ勉強をした気になりますが、
今回はその後の整理がうまくできた感じ。
タイトル的にはキネシオテーピング療法勉強会ではありますが、
キネシオテープって身体を刺激する方法の一つでしかありません。


以前にも書きましたが、治療って身体に何らかの刺激を入れ、
その反応を良い方に引き出すものです。
だから、刺激はある意味何でもOK。(求める反応が得られれば)
なので、「身体を改善させていく方法」と考えた場合、
身体がどうあるのかを学ぶのが最初です。
今回の勉強会は、自分としてはテープの使い方というよりも
身体はどうしたらどう反応するのかを学ぶ場になりました。
今までは、テープをどう貼ったらいいのかを一生懸命考えていました。
が、今は身体はどう反応し、それにどうテープを
そこに合わせ込んでいくのかを考えるような感じです。
身体全体の反応の仕方がかなり重要です。

この記事を書いている人

走尾 潤Body Tuning Labo K7"代表 / Body Tuner

もともとは、富士通系のコンピュータメーカーでハード設計を11年くらいした。

ある時、運動選手のケアがしたくなり、脱サラ、接骨院開業。本格的にケア事業をするために、現在の自費治療院を開設。

今では、世界に挑戦するジュニアテニス選手やプロ選手。3時間を切る、比較的早い市民マラソンランナー、ダンサーや俳優などのケアサポートを行う。


LINEで送る
Pocket

勉強会その後(報告)” に対して 2 件のコメントがあります

  1. まこ より:

    足のリハビリ通院中です。
    本を買っての自己流ですが、キネシオテープ愛用しています。
    ピンクや黒、ブルーを使用して、楽しんでもいます。。
    私の担当の理学療法士さんは習ったことがないので詳しくないとおっしゃるので、自分であれこれ工夫しています。
    サポーターだと締め付け感が強くて苦手な私にはキネシオテーピングで筋力のサポートするのが合っているようです。

  2. はしお より:

    コメントをありがとうございます。
    テープは道具の一つなので、使えば使うほど上手に、そして効果的になります。
    ご自身で使っていただいて、嬉しく思います。
    基本だけでも習うと、想像以上に効果が出るようになりますよ。

この投稿はコメントできません。