アーケードゲームmaimai全国1位経験者への身体調整をしてみました

LINEで送る
Pocket

まだまだ風邪が治りきらず鼻声+マスクで勉強会を開催している走尾潤です。

この日曜日に「動きの見方と修正法」という勉強会を開催しました。

この勉強会では人の身体の「動き」を見て、着目点だったり修正法の考え方を身に着けていきます。そのためにはモデルさんがいるとやりやすいので今回初めてお願いしました。

勉強会

そのモデルさん、2年くらい前にアーケードゲームのmaimaiで全国1位を取ったそうです。今でもゲームはmaimaiだそうで、よくやられているようです。

ボディーチューニング for maimai

さて、K7”はずーっとアスリートたちに怪我の予防とパフォーマンスをあげるための身体の調整を提供してきました。考えてみれば、maimaiのようなゲームをやる人たちは身体を酷使するという意味ではアスリートと一緒。競技場にはいないけど、ゲーセンにいるわけです。そこには目が向いていませんでした。

で、maimaiの映像を見せていただくと結構激しいし、調整をしたら良さそうだなということで、今回のモデルさんにも「モデルとして、ただ人の(標準的な)動きの見せていただく」だけでなくmaimaiの動きを見せてもらい、それをチューンしていくということをしてみました。(maimaiとはなんぞやという方は、YouTubeでmaimaiで検索~)

結論的には、スピードが要求される「腕を回す」ということに関して、かなりの改善を見ることができました。調整を受けたご本人的にも「かなり変わったし、速くなった」という感想をお持ちいただけたようでよかったです。

人の身体の動きをライブでみるということ

少し話はずれますが、よく「専門競技はあるのか?」という質問を受けます。例えば野球の人に「野球はやったことがあるのか、みてた(ケアしてた)ことはあるのか?」という質問を受けます。

僕はそれはなくてもいいと思っています。なぜなら、基本は「人の身体の動き」なわけで共通しています。今回も、そもそもmaimaiすら知りませんでしたが、腕を回していくという意味では特別なことではなく、運動をしない人への施術のようにきっちりと結果が出ています。

逆に、受ける側の人はともかく治療をする側の立場の人が「専門競技を知らないといけない」といっているのを聞くと、目の前で動いている身体をライブ感を持って見ることができないんだなと思います。自分が携わった経験値でしか見ることができないわけで、専門競技であっても「特殊なことが起きたらみれないです」といっているのと同じですね。

まとめ

というように、マーケティング的な意味ではもっと競技種目を絞らないといけないのかもしれません。K7”では人の身体の動きを専門に見て、そこから治療だったりパフォーマンスの向上を狙っていきますので、「身体の運動機能を目一杯使う」人たちには手渡せるものがたくさんあります。

スポーツでもゲームでも音楽でも芝居でもダンスでもなんでも全国1位とか世界を目指す人には使っていただけたら、普通の人以上に得られるものは多いです。

なので、ぜひご利用ください!お待ちしてます。

この記事を書いている人

走尾 潤Body Tuning Labo K7"代表 / Body Tuner

もともとは、富士通系のコンピュータメーカーでハード設計を11年くらいした。
ある時、運動選手のケアがしたくなり、脱サラ、接骨院開業。本格的にケア事業をするために、現在の自費治療院を開設。
今では、世界に挑戦するジュニアテニス選手やプロ選手。3時間を切る、比較的早い市民マラソンランナー、ダンサーや俳優などのケアサポートを行う。

LINEで送る
Pocket