ストレッチポール

LINEで送る
Pocket

体幹を鍛えよう!」でさらっと紹介したストレッチポールです。

色々なホームページで紹介をされています。それだけ、スポーツや医療の分野で使われだしているようです。うちではどう使っているかというと、そんなに特殊な使い方はしていません。が、結構効果的です。

例えば、腰が痛い人とかはそんなに大きな動きをすることが出来ません。もしストレッチポールに乗れるようなら、乗ってもらい(寝てもらい)足首の運動をしてもらう。足首を上下したり、内外に倒してみたり。それ位だと、それほど腰に負担は掛からないので、痛みもなく運動できたます。暫くやって、起きてみると腰の状態が改善されていることにやっている方もやらせている方も驚くことが多々あります。

あとは、寝違えてしまって首が動かない。こんな時にでも同じ様な運動で変わってきたりします。特に、首を痛い側に痛みが出ない程度に倒しておいてもらって、足首の運動をするだけでも効果がある場合が非常に多いです。首が完全にとはいかなくても動くようになっていたりします。

根拠(エビデンス)は計測していませんが、駄目なら他の方法を採るだけなので、そんな感じのことをやっています。(もちろん、公表していない技もあります)

結構簡単に、身体の状態を変化させられるので、もっともっと使っていきたいなぁと思い直す、今日この頃です。

この記事を書いている人

走尾 潤Body Tuning Labo K7"代表 / Body Tuner

もともとは、富士通系のコンピュータメーカーでハード設計を11年くらいした。
ある時、運動選手のケアがしたくなり、脱サラ、接骨院開業。本格的にケア事業をするために、現在の自費治療院を開設。
今では、世界に挑戦するジュニアテニス選手やプロ選手。3時間を切る、比較的早い市民マラソンランナー、ダンサーや俳優などのケアサポートを行う。

LINEで送る
Pocket