最近は膝の障害が流行っています

LINEで送る
Pocket

怪我に流行りはないはずなんですが、立て続けに同じ障害が続くことがあります。不思議ですが、足首の捻挫の方がいらしたかと思うと、次々と続いていらしたり。まるで流行っているよう。最近では膝のトラブルの方が多いです。ちょっとホットな話題になっている感じがします。

お年寄りの変形性のものはちょっと置いておいて、運動選手系の話です。

前十字靭帯を壊し手術し、その後の具合が良くなかったり、沢山練習した後に痛くなったりと程度はさまざまです。テーピングで膝周りにかかる負担を取り除いていくようにしているのですが、ほとんどの場合股関節周辺、足首周辺の筋肉の働き具合が多少悪く、それによって膝がよじれるように動いています。

その場で足踏みをさせると素人でも分かるくらいはっきりと現象が見られる場合も多いです。 大体の場合、病院でOKが出てリハビリをしろと言われています。でも、痛みでリハビリもできない。そこで、選手(患者さん)はじりじりしてきてしまうようです。

じっくりみてみると上のようなことがほとんどです。これをとってあげると、その場で楽になるようです。暫くは、テーピングを続けないといけないようではありますが…。 もうちょっと良くみてあげればいいのに、と思う今日この頃です。

この記事を書いている人

走尾 潤Body Tuning Labo K7"代表 / Body Tuner

もともとは、富士通系のコンピュータメーカーでハード設計を11年くらいした。

ある時、運動選手のケアがしたくなり、脱サラ、接骨院開業。本格的にケア事業をするために、現在の自費治療院を開設。

今では、世界に挑戦するジュニアテニス選手やプロ選手。3時間を切る、比較的早い市民マラソンランナー、ダンサーや俳優などのケアサポートを行う。


LINEで送る
Pocket

最近は膝の障害が流行っています” に対して 6 件のコメントがあります

  1. おおす より:

    はじめまして、こんにちは!
    埼玉で9人制バレーをしています、大須と申します。
    「国体予選 バレーボール」で検索しましたらこちらがHITしましたので覗かせていただきました。
    埼玉ブルズの選手で知り合いの方が何人かいて、高校時代の顧問の先生も選手(17番)として活躍しています。
    自分は5年前に左膝の靭帯を切り手術をして現在は装具を付けてプレイをしています。
    (普段は何もしないでも生活は出来ます)
    しかし体のバランスが悪くなり右の足首や膝・腰など痛みや怪我が出ています。
    こういった症状でも痛みの軽減や修復?は可能でしょうか?
    余談ですが8年前まで病院から徒歩5分くらいのところに住んでおりました。(笑)

  2. はしお より:

    コメントありがとうございました。
    現役で、ご活躍なんですね。きっと、どこかの会場ですれ違うくらいはしていますね。
    今起きている症状に関しては、完全には取り切れないとは思いますが、かなりの改善は出来ると思います。
    極論を言えば、正確に動作が行われている限り靭帯はそれ程必要ないと言えるかもしれません。なので、改善するには出来るだけ正確な動きが出るように調整をすればいいと言うことだと思います。
    結構変わると思います。一度診せていただければ幸いです。

  3. おおす より:

    おはようございます。
    早速、予約を入れさせていただきました。
    一昨日の9人制国体予選に出場していました。(^^ゞ
    しかも、埼玉教員さんとは2回戦目で対戦して圧倒的な力の差でやられてしまいました。
    やはり技術の差もさることながら、体のバランスの良さ(使い方)にいつも感心させられています。
    選手の皆さん、しっかりとテープでケアしているあたりはさすがだと思います。
    もしかして、観客席入り口付近で治療台を用意していたのが はしお先生ですか?

  4. じゃむみんと より:

    はじまして。
    メールありがとうございました。
    まさに今の私だ。と思いました。
    若くないので、変形性のものだと思っていましたが、バレーボールのレシーブの練習で痛みが増し、初めは膝の下が腫れるのですが、ひどくなると上も腫れます。
    先日コンディショニングセミナーがあり、接骨院の先生に、股関節に問題があるので体操を勧められました。
    炎症が治まったら整形外科へ行き、ヒアルロン酸の注射に行ってみようかとも思っています。
    いつまでも完全復帰できず、寂しい思いをしています。
    ここでの書き込みを読んで参考にさせて頂きたいと思います。

  5. はしお より:

    コメントありがとうございました。
    経験的に、膝って、本当に膝が原因で壊れちゃうことって殆どないように感じています。
    というのも、試合前に膝の痛みや違和感を訴える選手にテーピングをしても実は殆ど膝周りにはしません。それでも、痛みや違和感は大体の場合ほとんど問題はなくなります。
    膝を壊したからといって、膝の動きを制限するようにテーピングをするのは、個人的には好きではありません。折角動くものの動きを制限するなんて。ちゃんとした方向に動くようにチューンしてあげればいいだけのことだと思っています。
    最近では、自分の仕事が自動車レースのメカニックと同じだなと感じます。選手が自分の身体に対してああして欲しい、こうして欲しいと言うのを実現していってあげる。実はそんなに難しいことではないと思っています。もっともっと身体全体の動きを見ればいいだけのことだと思います。
    そうそう、股関節の問題の場合、ほとんどが「捻れ」の制御不能になっています。脚を外に捻るための筋肉の動きが落ちていることが殆どです。と言うことは、股関節の体操でも「捻れ」に関係するものをすることをお勧めいたします。(まぁ、実際にはみてみないと分からないですけど)

  6. じゃむみんと より:

    テープで痛みが取れるんですね。
    ご近所さんにスパイラルテープの医院がありますが、皮膚が痒くなり、痛みが軽減されたような感じではなかったです。
    キネシオ効果をお聞きして、早速キネシオ協会に電話をしてみました。大阪の梅田の先生を紹介して頂きました。
    遠いので、キネシオのサイトも見つけ、自分でできるものならとも考えています。
    一度診て頂いて、次からは自分で貼る・・
    それでいいのでしょうか?

この投稿はコメントできません。