両方の膝下が痛い

LINEで送る
Pocket

 埼玉県内の大学の女子バレーボール部の選手が来院しました。
左のすねと右の膝から下が痛い、と。
小学生の頃からバレーをやっている、いわばベテラン。
今までには、ほとんどケアを受けたことがなかったようです。
 バレーの選手ですねが痛くなるって、他の競技同様結構あります。
特に(右利きの場合)ジャンプ後の着地足となる左足には多いです。じゃ、治療的にはどうしましょう…。
やっぱり痛いところに電気やマッサージなどの物理療法に湿布でしょうか?
多分、なかなか治らない経験のある人が多いと思います。 
(確かに治りにくいです)
 こんな場合、最近ではその場で足踏みをしてもらって、身体全体の動きを眺めるようにしています。
やって貰うと…、着地側の足は外側(小指側)に体重のほとんどが乗っていました。
と、言うことは、まっすぐ立っているはずの足の骨に斜めに体重をかけていることになります。
これだと痛みが出るよなぁ、というのが見た感想。
(こういう人はバランスディスクとかに乗せるとうまく出来ないことが多いですよね)
 
 次には、なんでそうなるの?と調べていきます。
身体のうちで重要と思っている筋肉をテストしていきます。
特に腹筋系が重要です。
すると、やっぱり問題が出てきます。
うまく機能していない筋肉があり、結果的に足の外側に体重が集中していました。
で、機能していない筋肉をしっかり機能させて足踏みをさせると、体重は内側に寄り痛みも消えてると。
 一応今回はこれでめでたしめでたし。
とは言え、一回で変わりきってしまうわけはないので、今後の話をして今回は終了です。
やっぱり「見る目」が大事です。

この記事を書いている人

走尾 潤Body Tuning Labo K7"代表 / Body Tuner
K7“代表の走尾(はしお)です。
工学部を出て、富士通系コンピュータメーカーで回路設計を11年以上経験してから人の身体の業界に入ってきました。
今の仕事も四捨五入して20年に入ってきて、かなりレベルが高くなってきています。
コンピュータ業界で培った考え方、アルゴリズムを人の身体を良くする手法に取り入れ、大きな成果を上げています。また、常に手法の修正を行っており、進化する施術を提供しています。
お客さまにはアスリート、ダンサー、職人さん、芸術系の方が多いです。
LINEで送る
Pocket