肩から腕に重みと違和感とむくみ

LINEで送る
Pocket

 バレーボール関係の知り合いに紹介をして頂いて、30代の男性がいらっしゃいました。普段はバレーの選手をしているわけではなく、奥様がママさんバレーをしているので、お手伝いをされているのだそうです。通常よりも、多少根が深い障害だったので、ご紹介します。
 朝起きると腕全体がむくんでいるし、非常に重いのだそうです。病院でレントゲンや細菌検査をしても結果は問題なし。で、どうにかならないか来院されました。
 いつものように、全身の状態からチェックをしていきます。すると…、他の大多数の患者さんのように障害の起きている側は、上から下まで力が入りません。この状態だと立っている時の体重の掛かり方が左右で違ってきます。するとそのせいでどこかに力が集中して掛かってきて、そこから壊れていく可能性があるので修正します。
 僕の場合、最初に体幹部から狙っていきます。が、通常全身かなり良くなるのですが、今回は上半身のみ改善。こういった場合、神経系統のトラブルのことが多いです。
 背中の動きを見るテストをしてみると背中の下のほうに多少の硬さを感じます。その辺をよ??く見てみると、動きの悪い背骨の真上に小さいやけどの跡のようなものがあります。なんだろうと、患者さんに聞いてみると小さい頃に滑り台でやけどをしたのだそうで。やけどの跡なんて、皮膚の動きが悪くなるのでそこを処置。すると、下半身がしっかりと動き出しました。
あんなのが影響するんだなぁ??と、実感。
 次に問題の肩を動かしてもらうと、普段よりはいいけど多少の痛みと引っ掛かりがあるとのこと。ここから先は、以前ご紹介している方の問題と大体同じで、上腕部、肩甲骨周辺の筋肉で問題のあるところを処置して問題解消。
 ということで、一応動きと痛み自体はよくなりました。あとは明日の朝にむくみと重みが出ないことを祈るばかりです。
通常、体幹部をいじっていくとほとんどの障害はかなりの程度の改善をさせることが出来ます。今回のようにそれが利きにくい場合には、神経系のトラブル(背骨周り)が絡んでいることが多いので、ちょっと難しくなってきます。その原因が分かればいいのですが、なかなか分かりません。今回は、絶対ではないのですが、小さい頃のやけどの跡が絡んでいるように思えてなりません。やっぱり、じっくり良く見ないといけないと実感した症例でした。

この記事を書いている人

走尾 潤Body Tuning Labo K7"代表 / Body Tuner

もともとは、富士通系のコンピュータメーカーでハード設計を11年くらいした。

ある時、運動選手のケアがしたくなり、脱サラ、接骨院開業。本格的にケア事業をするために、現在の自費治療院を開設。

今では、世界に挑戦するジュニアテニス選手やプロ選手。3時間を切る、比較的早い市民マラソンランナー、ダンサーや俳優などのケアサポートを行う。


LINEで送る
Pocket