外反母趾の身体をみて思うこと

LINEで送る
Pocket

身体の先のほう、指先などで身体の動きを改善できる様になってきたと言う話のついでに外反母趾の方で最近思うことです。

外反母趾自体は
「うちでは簡単に治せます」
とは、まったく言えません。

それ自体を治す話ではないのですが、下半身系のテストをしていくと、ほぼOKという方が結構います。

今までは、これを許容範囲ということでそれで終了にしていたのですが、テストのポイントをちょっとだけ増やして拇指の動きが多少影響するようなテストポイントを追加してみると…、部分的に下半身が動かない人が多くいることが分かってきました。

それはどんな人かというと、タイトルにあるような外反母趾の傾向のある人です。そこで、指が外反しないように、ある筋肉にテーピングをすると、見事下半身全体が動くようになります。今までも問題なく症状は取れていたのですが、このテーピングの使い方が分かってきたので、より少ないテープで、効率よく身体を変化させることができる様になってきています。

技術は接骨院レベルでも日進月歩進化しています。なんとなく治らない方、もうちょっと時期が来れば治るかもしれませんね。

この記事を書いている人

走尾 潤Body Tuning Labo K7"代表 / Body Tuner
K7“代表の走尾(はしお)です。
工学部を出て、富士通系コンピュータメーカーで回路設計を11年以上経験してから人の身体の業界に入ってきました。
今の仕事も四捨五入して20年に入ってきて、かなりレベルが高くなってきています。
コンピュータ業界で培った考え方、アルゴリズムを人の身体を良くする手法に取り入れ、大きな成果を上げています。また、常に手法の修正を行っており、進化する施術を提供しています。
お客さまにはアスリート、ダンサー、職人さん、芸術系の方が多いです。
LINEで送る
Pocket