今日は、膝の痛みでも全身をみる必要のある方の話です。

LINEで送る
Pocket

昨日、肘の話を書きましたが、今日は同じように全身を診なきゃいけない「膝」編です。

今日は、膝に痛みを訴える人が二人新たにみえました。お年寄りなどの老化現象で痛みが出ている人は別として、全身を診なきゃいけない編の人です。

競技的にはバレーボールとラグビー。どちらも男性です。競技特性はほとんど関係ないと思います。この二人、全然関係のない人たちですが、症状はほぼ一緒。結果的にはテーピングで調整した場所もほぼ一緒でした。

どんなことが起きていたかというと、

  • 歩くたびに痛みを出している方の腰が、外側に逃げる
  • 歩くたびに痛みを出している方の内くるぶしが、内側に落ちる

ということが起きていました。腰が外に逃げるのに、足首は内側に行く。こんな動きが起きているのです。だとすれば、真ん中に当たる膝では、捻るような力が歩くたびに加わります。

そこで、この現象をおさえるためにテーピングで身体全体を調整したところ、痛みがほぼ消失しました。膝には、全然テーピングをしていません。

今日も、全身を診よう!(膝編)でした。

この記事を書いている人

走尾 潤Body Tuning Labo K7"代表 / Body Tuner

もともとは、富士通系のコンピュータメーカーでハード設計を11年くらいした。
ある時、運動選手のケアがしたくなり、脱サラ、接骨院開業。本格的にケア事業をするために、現在の自費治療院を開設。
今では、世界に挑戦するジュニアテニス選手やプロ選手。3時間を切る、比較的早い市民マラソンランナー、ダンサーや俳優などのケアサポートを行う。

LINEで送る
Pocket