自分の動きを知る

LINEで送る
Pocket

弟がいるのですが、
「マラソンに出るのだけど、テーピングの方法を教えて欲しい。」
と、言われました。
走ると、右膝が痛むのだそうです。
テーピングは、その時その時の状態を見て施すので、
こうすれば良いよっていうのは教えられません。
まっ、教えられるようならプロは要らないですね。
で、状態をチェックします。
「腕をしっかり振って、その場で足踏みをしてみて。」
すると、右脚全体の動きが良くありません。
膝に捻れが出るような歩き方になります。
また、拇指球に荷重されず、小指側に荷重点がありました。
「右脚駄目だね。」
すると
「駄目ってなんだよ~…」
と憤慨されてしまいました。
さて、そこでどう悪いのかを自覚をしてもらいます。
「目の前のふすま(目標になるなら何でもよい)を見て
足踏みをして。右脚を踏んだときに頭が右にぶれるから」
「あぁ~ホントだ。」
「あと、右脚の親指、浮いてる気がしない?」
「あぁ~、ホントだ。」
ということで、自分の身体の動きに気付いてもらいます。
そして、修正。
どんぴしゃに調整をすると、上の様な動きは消えるので、
本人も気付くことができます。
長距離系は、普段痛みが出ていなくても、こういったブレや
捻れがあると距離を走るうちに痛みを生みます。
また、このブレや痛みは、おかしな動きから出ます。
おかしな動きとは、ちゃんと機能していない筋肉の存在を
あらわしています。
ってことは、身体のパフォーマンスがちゃんと発揮されて
いないってことですね。
今、マラソンはブームのように沢山の人が参加します。
来年の東京シティマラソンは、5倍の応募があるそうです。
5人に一人しか参加できないんですね。
多分、沢山の選手達が痛みをうまくケアできず、ほったらかしで
走っています。
折角の走れる機会、自分のパフォーマンスを全部発揮できるように
コンディショニングをされて、いいタイムが出ることを
お祈りいたします。

この記事を書いている人

走尾 潤Body Tuning Labo K7"代表 / Body Tuner
K7“代表の走尾(はしお)です。
工学部を出て、富士通系コンピュータメーカーで回路設計を11年以上経験してから人の身体の業界に入ってきました。
今の仕事も四捨五入して20年に入ってきて、かなりレベルが高くなってきています。
コンピュータ業界で培った考え方、アルゴリズムを人の身体を良くする手法に取り入れ、大きな成果を上げています。また、常に手法の修正を行っており、進化する施術を提供しています。
お客さまにはアスリート、ダンサー、職人さん、芸術系の方が多いです。
LINEで送る
Pocket