足の甲の外側が痛む。

LINEで送る
Pocket

女子中学生バレーボーラーです。
歩く、走るで左足の外側が痛むとやってきました。
早速足踏みをしてもらい動きを見ると、
体重を掛けたとき(踏み込むとき)に外側にかかっていく
姿がしっかり出ていました。
本来、そんな動きはないはずなのですが、
これが起こるたびに痛みの出ている足の外側に
負担がかかっているのではないかと考えました。
その為、そんなことが起こらないように、全身の
チェックをして、問題点を探りました。
そして、複数あった問題点を修正し、動きも変化をしました。
映像をご覧ください。

最初に問題点のところに赤で○がでています。
よ~く見ていただくと、体重が掛かるに従って、
外側によれると言うか、曲がると言うか、そんな
動きが見えると思います。
更に、腰の部分です。
問題のある側がかなり大きく外側に振れます。
当然、身体全体が左側にずれていくような、捻れるような
動きが出ます。それが足にまで影響します。
足が問題で身体が外に振れる場合と、身体(体幹部分)が
問題で外に振れる場合があるので、どちらも評価が必要です。
それ以外にも、完全に取りきれていない動きは
あるのですが、重要度の高いところを紹介しました。
結果としては、この一度の施術で患者さんの訴えは
解消することが出来ました。

この記事を書いている人

走尾 潤Body Tuning Labo K7"代表 / Body Tuner

もともとは、富士通系のコンピュータメーカーでハード設計を11年くらいした。
ある時、運動選手のケアがしたくなり、脱サラ、接骨院開業。本格的にケア事業をするために、現在の自費治療院を開設。
今では、世界に挑戦するジュニアテニス選手やプロ選手。3時間を切る、比較的早い市民マラソンランナー、ダンサーや俳優などのケアサポートを行う。

LINEで送る
Pocket