関節の仕組みと筋肉の裏と表のはなし(筋肉の働き)

LINEで送る
Pocket

いろんなものに、「表」と「裏」があり、 表裏一体なんて言葉もあります。 人の「筋肉」にも表と裏があり、今日はそんなお話です。

関節の仕組みと筋肉の特性

人の身体は、沢山の「」でそのベースができています。 そして骨と骨の接続部分が「関節」です。 で、その関節を曲げたり伸ばすことで、 「運動」になります。

次に出てくるのが、関節を曲げ伸ばしさせる筋肉です。 この筋肉は自らは「縮む」ことしかできません。 自ら「伸びる」ことができないのです。 自ら出来るのは、「縮む」ことと「緩む」ことだけです

関節の仕組み

筋肉の働き

ある関節を考えたときに、その関節の表と裏に筋肉があります。  関節を曲げるときには表側の筋肉が縮み、裏側の筋肉が緩むということが起きます。 関節を伸ばすときには、逆で表側の筋肉が緩み裏側の筋肉が縮みます。(まぁ、縮む方をいつでも表という表現もあります)

この裏と面の関係を具体的にいうと、肘であれば表側の筋肉が上腕二頭筋なら裏側の筋肉が上腕三頭筋です。

さらに正確に言うと、裏側の筋肉は 完全に縮む状態ではなくてホンのちょっとだけ働いています。 表側の筋肉が行き過ぎた働きをしないように調整をする役目です。 どんどん行こうとする表側の筋肉に対して裏側の筋肉が手綱を引いているような感じです。 もちろん、裏の筋肉がでしゃばり過ぎてもいけません。 表と裏とがけんかをして、見かけ上力が発揮できないように見えてしまいます。(震えたりもする)

この考え方はとても重要で、ストレッチの効果にも影響してきます。その話はまた別記事で。

視野を全身に広げてみる

ここまでの話は関節個々の話でしたが、実は身体全体でも同じ考え方ができます。 例えば、身体を捻るとき。 身体を捻るいくつかの筋肉が協力して身体を捻ろうとし、また裏側の筋肉群がお目付け役として働きます。

具体的には、腹筋と背筋の関係です。筋力バランスのことをいう方はたくさんいらっしゃいますが、どうしてそれが重要なのかはこの表と裏の働き方のメカニズムに答えがありそうです。

このことは、一般の方はあまり知りませんが、 治療をする人にとってはとっても大切なことです。 この考え方を上手に治療に取り入れることにより、いろいろな症状を取り去ることができるようになります。

先ほど、「身体全体でも…」と書きましたが、痛いところだけを部分的に治療するということは、この身体全体の働きをみていないということになります。 (だから、本当はもっと改善する可能性があるはずです。)

次回は、この身体全体の働きを改善することによって 症状が改善した例を書いてみたいと思います。

この記事を書いている人

走尾 潤Body Tuning Labo K7"代表 / Body Tuner
K7“代表の走尾(はしお)です。
工学部を出て、富士通系コンピュータメーカーで回路設計を11年以上経験してから人の身体の業界に入ってきました。
今の仕事も四捨五入して20年に入ってきて、かなりレベルが高くなってきています。
コンピュータ業界で培った考え方、アルゴリズムを人の身体を良くする手法に取り入れ、大きな成果を上げています。また、常に手法の修正を行っており、進化する施術を提供しています。
お客さまにはアスリート、ダンサー、職人さん、芸術系の方が多いです。
LINEで送る
Pocket