膝の動きを誰にでも分かるように画像化してみた

LINEで送る
Pocket

前回の記事で、光を使ったアートを 紹介しましたが、これをヒントに膝の動きを見てみました。

ある患者さんの膝に、発光体をつけて足踏みをしてもらいました。もちろん暗くした状態です。そして4秒間シャッターを開いて撮影したものを紹介します。 (今回は、左右別々に撮影して、あとで合成しています)

膝の動きをみる

自分でも発見がありました。まず、足踏みをしているときって、膝のお皿の動きは「ハ」の字なんですね。ほぼ上下運動をしていると思っていましたが、少し内側に上げています。

これはこれでいいのですが、問題なのは横ブレです。 写真左側は右脚なのですが、着地をしたときに少しだけ 内側にブレています。 そして写真右側の左脚ですが、着地をしたときに右脚とは逆に外側にブレています。 この外側にぶれてしまう動きが、普段ぼくが注意してみている障害を持った膝の動きです。(ほぼ真横にスライドするのかと思っていたらそうでもなくて角度を持っています。まだまだ見る目が甘いです。)

今回は発光体がちゃんとしたものではなくて、歩き辛かったはずです。近いうちに、評価用の発光機器をLEDで作ってみたいと思っています。いろいろな種目のフォームチェックにも使えそうです。 なんだか、結構面白くなってきました。 (まだ環境が整っていないので大変ですけど)

☆☆☆ みなさまへのお願い ☆☆☆

この記事へのご意見、ご感想をお寄せください。 お返事はできないかもしれませんが、 必ず一つ一つ読ませていただきます。

ご意見、ご感想はこちら

この記事を書いている人

走尾 潤Body Tuning Labo K7"代表 / Body Tuner
K7“代表の走尾(はしお)です。
工学部を出て、富士通系コンピュータメーカーで回路設計を11年以上経験してから人の身体の業界に入ってきました。
今の仕事も四捨五入して20年に入ってきて、かなりレベルが高くなってきています。
コンピュータ業界で培った考え方、アルゴリズムを人の身体を良くする手法に取り入れ、大きな成果を上げています。また、常に手法の修正を行っており、進化する施術を提供しています。
お客さまにはアスリート、ダンサー、職人さん、芸術系の方が多いです。
LINEで送る
Pocket