全身を調整する

LINEで送る
Pocket

以前、YouTubeを見ていたら、足関節へアスレティックテープを超スピードで巻いている映像がありました。真似はできない。 でも、キネシオテープで全身をざぁ~っと調整するのを速いスピードでやってみるのならできるかなぁと、スピードを意識してやってみました(ぶっつけ本番で撮ったので、ちょっと段取りが悪いです)。

これは、普段から患者さんをみる時にやっているやっているテストです。 自分なりに、基本的なところは抑えていると思っています。

ずーっとやっていると、テーピングも段々と効率的になっていって、テストをした筋肉に直接貼ることは段々と減っていきます。 これとこれが駄目なら、ここでOK、みたいな感じ。 意味は、良く分からないかもしれません。

こんな感じで、全身をまずみているんだなぁと分かっていただければ、とても嬉しいです。

☆☆☆ みなさまへのお願い ☆☆☆

この記事へのご意見、ご感想をお寄せください。 お返事はできないかもしれませんが、 必ず一つ一つ読ませていただきます。

ご意見、ご感想はこちら

この記事を書いている人

走尾 潤Body Tuning Labo K7"代表 / Body Tuner
K7“代表の走尾(はしお)です。
工学部を出て、富士通系コンピュータメーカーで回路設計を11年以上経験してから人の身体の業界に入ってきました。
今の仕事も四捨五入して20年に入ってきて、かなりレベルが高くなってきています。
コンピュータ業界で培った考え方、アルゴリズムを人の身体を良くする手法に取り入れ、大きな成果を上げています。また、常に手法の修正を行っており、進化する施術を提供しています。
お客さまにはアスリート、ダンサー、職人さん、芸術系の方が多いです。
LINEで送る
Pocket