臨発の準備2 Wii fitの話2

LINEで送る
Pocket

今回は、身体の分析的は話から少しそれて、Wii Fitのバランスボード(バランスWiiボード)の話をします。

医療用の重心動揺計などを買おうとすると、正確には知りませんが、数百万から一千万を超えるものまであるようです。少なくとも街の接骨院レベルでは買うものではないでしょう。それが、バランスWiiボードを使うシステムにするのであれば、非常に安価で準備ができます。

Wiiはお持ちの方は分かると思いますが、本体とバランスボード、リモコンはそれぞれが線ではつながっていません。Wiiとリモコン、Wiiとバランスボードは、それぞれ bluetoothと呼ばれる無線でつながっているのです。bluetoothは聞いたことがない方もある方もいらっしゃると思いますが、例えば、携帯電話用のヘッドフォンやビデオカメラ用のワイヤレスマイクなどに使われている技術です。

ということで、今回の例で言えば、Wii本体の代わりにパソコンにbluetooth経由でデータを送ってもらうようにすれば、 Wii本体なしに、バランスボードもしくはリモコンでの データ採取が出来ることになります。準備をするものとしては、パソコン用のbluetoothアダプタ。 それにWii Fitです。Wii Fitでは、ソフトは使いません。バランスボードだけです。それにリモコン。単体で購入出来ます。 それと、ソフト。 これは、WiiFlashServerというものと、ある病院で作って いただいたフリーのソフトを使用します。(ご興味のある方はお問い合わせください)。

これを使うと、バランスボード上での重心点を1/100秒毎にパソコンで収集することが出来ます。ちなみに、ある患者さんに駆け足をしていただいた場合のデータを載せておきますので、参考にしてみてください。 データの解釈はまだ出来ていません。 fujita.pdf と、Wii Fitの話でしたが、これを使って少しずつデータ採取を行っていきたいと思っています。 アイデアのある方は、是非お知らせください。

2012.03.25追記

このwiiでの重心動揺性の測定に関し、よくお問合せをいただきます。 個人的には、たまたま情報を見つけただけで特に技術提供が出来ません。 つきましては、フリーソフトの提供をしてくださる Web Pageを紹介します。 富家千葉病院デイケアセンター ソフトの提供はご商売でされているわけではありませんので、丁寧なお問合せをお願いいたします。

2016.07.11 追記

現在、上記の富家千葉病院デイケアセンターのwebサイトでは、すでにwii関連の記事は見当たらなくなっています。

☆☆☆ みなさまへのお願い ☆☆☆

この記事へのご意見、ご感想をお寄せください。 お返事はできないかもしれませんが、 必ず一つ一つ読ませていただきます。

ご意見、ご感想はこちら

この記事を書いている人

走尾 潤Body Tuning Labo K7"代表 / Body Tuner

もともとは、富士通系のコンピュータメーカーでハード設計を11年くらいした。

ある時、運動選手のケアがしたくなり、脱サラ、接骨院開業。本格的にケア事業をするために、現在の自費治療院を開設。

今では、世界に挑戦するジュニアテニス選手やプロ選手。3時間を切る、比較的早い市民マラソンランナー、ダンサーや俳優などのケアサポートを行う。


LINEで送る
Pocket

臨発の準備2 Wii fitの話2” に対して 2 件のコメントがあります

  1. 米山泰雄 より:

    始めまして。WILLボードを重心動揺計の変わりに使いたいと思っておりました。ハード、ソフトに付きまして詳しく教えてください。

  2. はしお より:

    お問合せをありがとうございます。
    ときどき同様のお問合せをいただきますので、本文中に追記として情報を載せておきました。
    そちらより、アクセスをしてみてください。

この投稿はコメントできません。