捻挫がなかなか治らないときの一例

LINEで送る
Pocket

足首の捻挫は、よくある怪我です。 無事に治っていく方もいますが、なかなか改善されない方も多いと思います。 あと、くじいた記憶はないけど、外くるぶしの周辺が痛いといって、来院される方もいらっしゃいます。そんな人達に共通することがあるので紹介します。
(必ずしも全員にみられるわけではありません)

それは、ちょっとした動きにあります。うちで評価の一つとして足踏を見ますが、その時にみられる動きです。 まず、映像を見てみてください。

この例では、右足にトラブルを抱えています。いろいろな見方があると思いますが、この映像で僕が意識をするのは、

足のどの辺で体重を支えるのか

です。 何となく分かると思うのですが、右足では踵に近い外側に一番体重がかかるように見えます。逆に親指近辺は少し浮くくらいに見える方もいらっしゃると思います。

あと、すねの部分を意識してみると、右脚は少しだけ傾いて着地をしていますが、左脚はまっすぐ着地です。ということは、やっぱり足の外側に体重が掛かります。

足首の捻挫(外くるぶし周りの捻挫)の場合、こうやって歩くたびに患部に体重をかけていればなかなか治りません。

解決策としては、すねがまっすぐに着地をし、体重も少しだけ内側に寄るように身体の調整をします。調整方法は、先生方によっていろいろです。これを修正しておかないと、なかなか治らないし、休むことで治したとしても復帰と共にまた痛み再発リスクが高いです。

なかなか痛みの引かない方は、ご自分の足の動きを見てみてください。 外側で歩いていたりすると、この例の通り、なかなか治りにくいです。

☆☆☆ みなさまへのお願い ☆☆☆

この記事へのご意見、ご感想をお寄せください。 お返事はできないかもしれませんが、 必ず一つ一つ読ませていただきます。

ご意見、ご感想はこちら

この記事を書いている人

走尾 潤Body Tuning Labo K7"代表 / Body Tuner

もともとは、富士通系のコンピュータメーカーでハード設計を11年くらいした。

ある時、運動選手のケアがしたくなり、脱サラ、接骨院開業。本格的にケア事業をするために、現在の自費治療院を開設。

今では、世界に挑戦するジュニアテニス選手やプロ選手。3時間を切る、比較的早い市民マラソンランナー、ダンサーや俳優などのケアサポートを行う。


LINEで送る
Pocket