馬術競技の場合1

LINEで送る
Pocket

最近、馬術競技をされている方をみせていただいています。

馬術競技の方のコンディショニングは初めてで、しかも自分でやることもないので、なかなか乗馬中の動きをイメージすることが出来ません。馬術競技の場合、全身の調整をすることで馬に与える影響も減り、馬自体がきれいな動きをする感触があるそうです。この辺は、実際にやっている方でないと分からないですね。 僕も当然分かりません。

さて、今回は沢山練習をすると、肘に痛みが出やすいということで、改善策を考えます。先に書いたように、自分で馬術競技をしたことも見たことも無いので、身体全体の動きをイメージすることが出来ません。そこで、トップレベルの選手の動きをみて、どう身体を使うイメージを持つといいのか、また肘の痛みについては、どういうことを気にすればいいのかを考察してみました。 とりあえず、馬術競技を見たことがない方も多いと思うので、YouTubeにあったトップレベルの選手の映像を紹介します。

う~ん、とっても美しいです。

さてさて、今回の選手の持つ問題は、肘の痛みです。沢山練習をすればするほど、痛みが出るようです。こういった場合は、大抵肘に負担をかけています。 経験上、技術よりもフォームの問題の場合が殆どです。

よくお話を聞いてると、気になる話が出てきました。人間の身体の構造上、ほとんどの運動をするときには身体の前側(腹側)に力が集中するような使い方をすると効率的です。 後ろ側(背中側)に集中をすると、背骨に沿って力が集中するので、運動の許容量というか自由度が減ってしまいます。

身体の前面(腹筋側)に力を集中させるには、ある身体の使い方があります。 それは、手を使う場合に小指側を特に強く意識して使うことです。 そんなことは聞いたことないよという方は、こちらの記事をご覧下さい。

パワーラインの記事

ところが、馬術競技の現場では、手綱は手の人差し指・中指くらいで本当に軽く持つように指導をされるそうです。 これは、僕の中では運動矛盾です。 人差し指・中指あたりを意識して使うと、腹筋には力が入りにくくなる。 すると、馬のコントロールが甘くなるはず。 でも、指導的にはそうされると。 しかも、上級の選手たちは、腹筋系を上手に使いしかも手綱は小指を使わないのだそうです。 で、映像を自分なりに分析してみました。

ちょっと長くなってきたので、次回に続きます。

この記事を書いている人

走尾 潤Body Tuning Labo K7"代表 / Body Tuner

もともとは、富士通系のコンピュータメーカーでハード設計を11年くらいした。
ある時、運動選手のケアがしたくなり、脱サラ、接骨院開業。本格的にケア事業をするために、現在の自費治療院を開設。
今では、世界に挑戦するジュニアテニス選手やプロ選手。3時間を切る、比較的早い市民マラソンランナー、ダンサーや俳優などのケアサポートを行う。

LINEで送る
Pocket