足首の捻挫がなかなか治らないときの理由や処置について

LINEで送る
Pocket

足首の捻挫は、アスリートにも一般の方にでも割とよくある怪我です。ただ、なかなか治らないとじりじりされる方も多いので、治りが悪い時の考えられる理由とどうしたらいいのか、どのように考えたらいいのかをお話しします。

足首捻挫

足首捻挫は、2~3日で治ると思っている方も多いように思います。ただ残念ながら、現実的にはいい状態に保つことができても3週間ほどの時間が掛かります。症状の重さ、その人の活動性、年齢、栄養具合などよりもっと長くかかることもあります。

治りの悪い例があり、医療側が考えること

ちゃんと病院や治療院にも通院し、運動を控えていても治りが悪い場合があります。それには何かしらの理由があります。もちろん、運動を続けていたり、治りやすいようにせずに放っておけば時間がかかるのは誰しも理解できると思いますが、そうでない場合に困りますよね。

治療側が怪我を治していくときに考えることで、教科書にも書かれている大切なことがあります。それは、治りやすい環境(状態)を作るということ。そのための方法の一つとして「固定」があります。ただ、治療や固定をしっかりしていたのに治りが悪い場合には、さらに治りやすい環境を作ることを考えなければなりません。

捻挫の症状とその理由

少し治りが長引くところからは外れますが、捻挫の症状とその理由です。

捻挫の症状的としては、外くるぶしの下側を痛めることが多く痛みもその辺に起こりやすいです。壊れ方が激しい時には、内出血をすることもあります。受傷後、段々と患部周辺が腫れてきて、更には(内出血で)黒くなってきます。爪先くらいまで黒くなってしまうこともあります。

これは足首の構造上、くじくことで外くるぶしの外側に強く力が掛かるためです。また、足を前方から見たときに、外側に体重が掛かっていればいるほどくじきやすいです。足の裏の小指の付け根に固いところがある人などは、くじきやすい傾向があるようです。

治りの悪い理由と施術方針

治療側はとにかく患部に負担を掛けないような状態を作ることを心がけています。治っていくのは、あなた自身の治癒能力。そして、治療側の役目はそれを最大限に効率良く行われるようにサポートをすることです。

先にも書いたように、体重が足の外側、小指側に寄りかかっている方はくじきやすいし、常に患部に体重が掛かることになるので治りが悪い傾向にあります。そこで、治療側として治りが悪い時に最初に行うことは、体重が掛かる位置のコントロールです。

どういうことかは、映像がありますのでご覧ください。映像中、右足が捻挫をしています。左足と比べると、足踏みをしたときに外側に体重が掛かっていく様子がわかると思います。これを施術で内側に寄せるようにしていきます。

インソール(靴の中敷き)はどう?

インソール(足底板)というものも世の中にはあります。靴の中敷きです。

インソールの形状によって、患部に係る負担を減らすことが出来ます。これはこれでとってもいいのですが、アスリートによっては少しだけ不足することがあると考えています。

足首への体重の掛かり方が狂い患部に負担が掛かるということには必ず原因があります。どこかの筋肉の働きが落ちているということです。足底板を使った場合、そういった筋肉に対する対応はされないため、形的には痛みが消えても身体の能力という意味では何も変化はありません。

一般の方はそれでも痛みが取れればOKです。ただ、アスリートの場合はそれだけでは困るかもしれません。身体の中にちゃんと働いていない部分があり、パフォーマンスがしっかりと発揮されていないということです。そこまでケアできれば、また捻挫をする可能性は低くなると思います。

まとめ

捻挫はよくある怪我で軽い場合も多いです。でも、実は考えるべきことは多いし、そんなに単純でもないのです。気が付かない原因で治るまでに長引くこともあるので、早めにきちっと処置を始めてしまったほうがいい場合が多いです。

場合によっては長引くこととか、単に安静・湿布だけではダメな場合があることを知っておいていただけると、もしもの時に効率よく治療を進められると思います。なかなか治らずお困りでしたら、あまり我慢せずにプロの門をたたきましょう!

この記事を書いている人

走尾 潤Body Tuning Labo K7"代表 / Body Tuner
K7“代表の走尾(はしお)です。
工学部を出て、富士通系コンピュータメーカーで回路設計を11年以上経験してから人の身体の業界に入ってきました。
今の仕事も四捨五入して20年に入ってきて、かなりレベルが高くなってきています。
コンピュータ業界で培った考え方、アルゴリズムを人の身体を良くする手法に取り入れ、大きな成果を上げています。また、常に手法の修正を行っており、進化する施術を提供しています。
お客さまにはアスリート、ダンサー、職人さん、芸術系の方が多いです。
LINEで送る
Pocket