動作微調整施術の様子(YouTube) -弓道編-

LINEで送る
Pocket

弓道の選手が両肩と両肘に痛みが出だしたので何とかならないかといらっしゃいました。

痛みが出るということは、何かしらの問題があって、関節に負荷が集中してしまったと考えます。そこで、実際の運動を見て、負担が関節にかかり過ぎないように調整すればいいということになります。

また、問題があるということは、そこを改善すれば全体のパフォーマンスも向上することを意味します。

で、両上肢周りの調整をし、施術ビフォアー・アフターの映像と施術風景を動画に収めましたので、ご紹介します。

調整の作業は、身体から出る力の特性を最適化させていくものなので、外目にはあまりはっきりとは分からないかもしれません。まっ、こんな感じでやっているというのが分かっていただければ幸いです。

調整の方法は、実際に動いてもらって、視診で「怪しい!」と思ったところに対して負荷テストを行います。結果が悪ければ、それを改善するように施術します。

実際には、(この映像では)マグレインというものを使用しています。あとは、キネシオテープと呼ばれるものを使ったりもします。

弓道はあまり見ないものなので、ご本人の了解のもと紹介させていただきました。

この記事を書いている人

走尾 潤Body Tuning Labo K7"代表 / Body Tuner

もともとは、富士通系のコンピュータメーカーでハード設計を11年くらいした。

ある時、運動選手のケアがしたくなり、脱サラ、接骨院開業。本格的にケア事業をするために、現在の自費治療院を開設。

今では、世界に挑戦するジュニアテニス選手やプロ選手。3時間を切る、比較的早い市民マラソンランナー、ダンサーや俳優などのケアサポートを行う。


LINEで送る
Pocket