ケーセブンでは全身調整を提供して局所治療を提供しない理由

LINEで送る
Pocket

Body Tuning Labo K7″での施術は、原則的に「全身」に行っています。痛いところ中心の施術はほとんどしていません。この記事では、その理由をお伝えしたいと思います。

track

全身調整をする理由

施術に対する考え方に、

「局所的な施術では効果があまり出せない」

というのがあります。身体は全体で一つで、すべての部分が互いに影響し合いながら動きます。部分部分がそこだけ独立して動いているわけではないんですね。

ただ一般的には、シンスプリントとか腸脛靭帯炎とか野球肘、テニス肘なんかでも局所的な治療がほとんどです。その大きな理由として3点ほど挙げてみると、

  • 健康保険での治療(治療内容が決められている)
  • 全身の治療には手間と時間がかかる
  • 技術的に難しい

というのがあるように思います。大抵の治療するところは健康保険適用だし、多くのお客さま(患者さん)も健康保険での治療を求めているというのもあると思います。

あと、全身の治療って手間も時間もかかるし、そういう教育自体があまりないので、技術的に難しいというのも理由の一つになっていると思います。

全身調整のメリット

それでも、K7″で全身の施術をしているのは、局所的な施術に比べてメリットがあるからです。メリットがあればもちろんデメリットもあって、

  • 費用、時間が掛る
  • 協力をしてもらわないとできない(ただ寝ているだけの人にはできない)

です。でもメリットを3つほど上げると

  • 怪我をしにくくなる(予防になる)
  • パフォーマンスが向上する
  • 治療的な目的の場合には、治りが速い、不具合の見落としが少ない

という辺りがあげられます。

施術効果という視点でみればあまりデメリットはないと思いますが、料金とか時間とかにデメリットを感じる方もいらっしゃるでしょうね。

ただ、コスト的なことに関して、定期的にメンテナンスを受けていただいている方からは、

  • 年間を通して、大きなトラブルが起きなくなった
  • コンプレッションウェアとかサポーターなどを使わなくなったし、逆に使うと鬱陶しく感じるようになった。
  • 結果的にはコストは掛からなくなった

との感想を頂いています。確かにそうでしょうね。

なかには、「とりあえず局所的な施術を」と希望される方もいらっしゃいます。以前はお受けしていましたが、今はお受けしていないです。普段からメンテナンスをさせていただいている方に関しては、身体についてもわかっているので受ける場合もありますが、初めての方でお受けすることは基本的にはありません。

局所的な施術だけでちゃんとした効果を出すことが難しいので、そういう仕事はあまりしたくないというのもあります。

痛みのない方にこその全身調整

逆に「痛みがないけど受けられますか?」と聞かれることもあります。

これはもちろん、OKです。K7″としては、どちらかというと「痛みを治してほしい」という方よりも、「強くなるために受けたい」という方に大きなメリットを提供できると考えています。

普段から動きやすくて壊れにくい身体で練習や試合に出られるのが嫌な人なんていないと思います。大抵の人はキレキレの身体で活動できたら良いと考えていると思います。

営業的ではありますけど、痛みとか不具合を感じる前に、できたら定期的に受けていただくと、より上手に・強くなっていけると思います。まず一度だけのつもりでも受けてみることを考えていただけると嬉しいです。

この記事を書いている人

走尾 潤Body Tuning Labo K7"代表 / Body Tuner

もともとは、富士通系のコンピュータメーカーでハード設計を11年くらいした。
ある時、運動選手のケアがしたくなり、脱サラ、接骨院開業。本格的にケア事業をするために、現在の自費治療院を開設。
今では、世界に挑戦するジュニアテニス選手やプロ選手。3時間を切る、比較的早い市民マラソンランナー、ダンサーや俳優などのケアサポートを行う。

LINEで送る
Pocket