膝のトラブルの本当の理由

LINEで送る
Pocket

シンスプリントや腸脛靭帯炎といったスポーツ障害。その理由はいろいろなことが言われています。

治し方もいろいろで、インターネット上で検索をかけると 沢山の方法をみることができます。

アイシングや安静が比較的多いですね。実は、実際の動きを見ると「あぁ~」と思うものが見えることがあります。多くの人は見たことがないと思いますが、見れば分かることが沢山あります。

と、言うことで、腸脛靭帯炎を持っている方の膝の動きです。足踏みをしていただいて、その動きを映像化しました。障害側は左です。

映像でわかると思いますが、障害を持っている側の脚は荷重時に外側にスライドをする動きを見せます。 (参考記事;膝の動き) なので、荷重時にいわゆるO脚状態を作ります。

では、なぜこうなるのでしょうか?この例でも、右脚にはこのような動きはありません。これは次回のお話にしたいと思います。

☆☆☆ みなさまへのお願い ☆☆☆

この記事へのご意見、ご感想をお寄せください。 お返事はできないかもしれませんが、 必ず一つ一つ読ませていただきます。

ご意見、ご感想はこちら

この記事を書いている人

走尾 潤Body Tuning Labo K7"代表 / Body Tuner

もともとは、富士通系のコンピュータメーカーでハード設計を11年くらいした。
ある時、運動選手のケアがしたくなり、脱サラ、接骨院開業。本格的にケア事業をするために、現在の自費治療院を開設。
今では、世界に挑戦するジュニアテニス選手やプロ選手。3時間を切る、比較的早い市民マラソンランナー、ダンサーや俳優などのケアサポートを行う。

LINEで送る
Pocket

膝のトラブルの本当の理由” に対して 2 件のコメントがあります

  1. 朝顔 より:

    私も腸脛靭帯炎に悩まされてます。
    6月初旬に発症、その時は痛みではなく違和感と疼痛程度でしたので、病院へも行かずに3週間程で自然治癒しました。が、運動開始した途端に再発、整形外科を受診、初めて腸脛靭帯炎という言葉を知りました。安静にしていますが、前のように回復しません(T-T)。運動(エアロビクス)を諦めたくないので絶対に治したいです。インターネット上の情報は暗い気持ちになるばかりです、、
    「何故こうなるのか」、続きがUPされるのを楽しみにしています。

  2. はしお より:

    朝顔さま
    コメントをありがとうございます。
    腸脛靭帯炎にお悩みのようで、辛い思いをされていることと思います。
    「暫く休めば治る」
    というのは、ある意味本当で、ある意味嘘です。
    場合によっては、休めば治ります。が、再開すれば再発します。
    それは、起きてしまった結果だけにフォーカスしていることに起因します。
    原因を取り去らないと、復帰すれば再発します。
    また、場合によっては、休んでもなかなか治りません。
    これも起きてしまった結果だけにフォーカスをしていることに起因しますが、
    この映像にあるように、日常生活で歩くだけでも患部に
    負荷を掛けてしまっている場合があります。
    これは、休んでも治りが悪いでしょうね。
    と、「何故こうなるのか」、続きをお待ちください。

この投稿はコメントできません。