膝の裏が痛い

LINEで送る
Pocket

膝の裏の痛みは、高齢の方から若者まで幅広い年齢層に起こるトラブルです。屈伸運動や正座をするときなどに痛みを訴えることが多いです。

先日、70歳くらいの男性が来院されました。正座をすると痛いというよくあるパターン。

いろいろ確認をしていくと、ももの裏の筋肉はパンパンでふくらはぎには力が入らない状態でした。この筋肉たちは膝の裏でちょうど交差しています。電気をかけたりマッサージしたり、筋肉を狙ってテーピングをしてみたりしましたが、なかなかパッとはしません。

1,2回同じことをやってはみたものの多少しか効果がない感じでした。そこで「やっぱり体幹を…」と体幹部をチェックしてみます。

何かはあるはずだと思ってはいましたが、やっぱりちょっとだけ機能の落ちている部分がありました。で、そこにテーピング。すると、魔法に掛かったように、正座が出来てしまいました。
(そういえば、以前みたしゃがむと膝がおかしくなると訴えた若者も同じテーピングでした…)

理屈の上では、身体は一つで全身が協調しながら動いているとわかります。でも、直感的に全然違う部位に処置を行うってやっぱり不思議に思うことがあります。

膝の裏の痛みや違和感、「胸」近辺に問題ありのこと、多いです。

膝の裏の痛み、全身に原因の可能性があります。なかなか治らないときには原因を見つけられていない可能性があるので、幅広く観察をしてみましょう!

この記事を書いている人

走尾 潤Body Tuning Labo K7"代表 / Body Tuner

もともとは、富士通系のコンピュータメーカーでハード設計を11年くらいした。
ある時、運動選手のケアがしたくなり、脱サラ、接骨院開業。本格的にケア事業をするために、現在の自費治療院を開設。
今では、世界に挑戦するジュニアテニス選手やプロ選手。3時間を切る、比較的早い市民マラソンランナー、ダンサーや俳優などのケアサポートを行う。

LINEで送る
Pocket