昔からずっと左(右)膝が壊れるとか、水が溜まっては抜くを繰り返す方に知っておいてほしい基礎知識

LINEで送る
Pocket

先日、少しご年配の女性がおみえになりました。膝に痛みがあって、なかなか治らないというときに知人の知人の知人くらいの方にケーセブンをご紹介いただいたそうです。

最初にじっくりとお話を聞くことにしていて、この中に多くの方にも知ってもらったほうがいい話があったので、シェアしたいと思います。(記事にするうえで微妙な修正あり)

膝へのkt

怪我が治るのには時間がかかる

膝に水がたまる→お医者で抜いてもらう→とっても軽く痛みもなくなる→歩いたほうがいいとあえて歩く→数日で膝に水がたまる(振出しに戻る)

という無限ループに陥っていて、何とかしてほしいということでした。

膝に水がたまる理由

膝に水がたまるというのは、膝の中の何かが壊れているということを示しています。身体はそれを治そうとして、栄養分を患部に送るために水を出しています。そのため、水が出ているうちは何かが壊れているということなんです。(この水に栄養分が含まれている)

実際に水がたまると、膝は重くなるし動きにくくなるし痛みを感じることもあります。日常生活がしにくくなるということ。そのため、お医者さんにもよりますが、水を抜いて日常生活をしやすくしようということになります。

すると、抜いた分だけ軽くなるし動きやすくなるし痛みも減ります。今回いらした方も、そういうことですね。

すぐに再発する理由

ここで気が付いてほしいのですが、壊れているから水が出ているわけで、この水を抜いて動きやすくなったり痛みが減っても壊れていたものが治ったわけではないということなんですね。壊れたところが修復される(治る)には時間がかかります。指とか切ってもそうですよね。すぐには治りません。

だから、この状態でたくさん歩いてしまうということは、患部により負担を掛け治るものも治らなくなるということです。そしてまた水がたまります。

そこで、怪我が治るには時間がかかるということと、最低限休まなければいけない期間があるということを理解してほしいです。

この話をすると、多くの方に「動かないと動けなくなる」と反論されます。確かに、普段から動かなければ動きにくくなっていくのは事実です。でも、時と場合があるということ。身体が壊れているときには治るまで時間がかかるので、その間は安静にしましょうということ。

もちろん、スポーツ選手とかが「壊れていてもやらなきゃいけない」という場面があるのは理解しています。それは特殊な例で、壊れているときには安静にするというのがセオリーです。

同じ症状を繰り返すのには理由がある

左右どちらか同じほうばかり故障するのは、重心の偏りが理由です。

この方は、お話を聞いていくと20代からちょくちょく膝を痛めています。それがすべて左側。ここに、改善させるヒントがあります。

僕はいつもお客様の身体を理解するために「足踏み」をみせていただいています。今回も見せていただきました。すると、左側に身体が傾くというか、寄っていきます。足踏み時の重心が左に寄る動きが見えていました。

これが、左膝ばかりが壊れる原因だと思っていて、ケアをさせていただく方の9割くらいがこのパターンで身体を壊していきます。

人によってですが、身体には右か左のどちらかに動きにくいほうがあります。これは検出テストがあって、検出できます。そして、動きにくい方に重心が寄り身体の負担も大きくなります。そしてそちら半身が壊れやすいということです。

そのため、治療的には足踏み(歩行)時の偏りがなくなるように身体を調整することが、今回であれば膝の痛みの治療につながります。一般的には膝の治療で身体の重心コントロールが必要とか理解しにくいとは思いますが、今までの経験上、ほぼ間違いないです。

これはその人の身体の癖といえば癖です。でも、一度壊れたから癖になっているのではなく、そもそもその人ごとに持っている特性というほうが正確な表現です。

まとめ

身体が不運にも壊れてしまうことはあります。その時に、「壊れたものが治るには時間がかかるから、その間は安静にする」というセオリーがあります。人と場合によっては守れない場合があるとは思いますが、単純に身体を治すという視点だけで見ればセオリー通りに行くのが最も早く安全に回復します。

さらに、身体の同じ側だけ壊れてしまう場合、それは患部の壊れ癖というよりも身体の特性による場合があります。治療的には患部の回復を目指すだけでなく、この特性を修正しておくことも大事になります。患部だけでなくほかのところ(体幹部とか)へのアプローチも受け入れていただくとありがたいです。

世の中いろいろな先生がいらっしゃいますが、ケーセブンでは壊れた局所の修復だけを目指すのではなく、そこに負担を掛けないようにするため身体全体からアプローチをしています。

この記事を書いている人

走尾 潤Body Tuning Labo K7"代表 / Body Tuner
K7“代表の走尾(はしお)です。
工学部を出て、富士通系コンピュータメーカーで回路設計を11年以上経験してから人の身体の業界に入ってきました。
今の仕事も四捨五入して20年に入ってきて、かなりレベルが高くなってきています。
コンピュータ業界で培った考え方、アルゴリズムを人の身体を良くする手法に取り入れ、大きな成果を上げています。また、常に手法の修正を行っており、進化する施術を提供しています。
お客さまにはアスリート、ダンサー、職人さん、芸術系の方が多いです。
LINEで送る
Pocket