キネシオを巻く

LINEで送る
Pocket

キネシオテープについてツイッターにつぶやきがありました。

「********: 東京マラソンは、まだ先なので良いとして、問題は河口湖。
右ひざが痛いのでキネシオ巻いてます。なんとか当日に間に合わせないと。」

なんとなく、固定力ができて楽になりそうですね。ご自分のケアとしては、とってもいいと思います。

ここでプロに任せていただけると、膝に負担をかけないようにカラダの状態をチェックします。痛みがあるくらいなので、大抵膝に負担をかけてしまうような筋肉の不具合がどこかにおきています。

で、プロはその筋肉にキネシオを「貼ります」。力の流れる方向にテープを貼ると、効果倍増。

大切な試合のときには、プロを使っていただくのも一つの解決法です!

この記事を書いている人

走尾 潤Body Tuning Labo K7"代表 / Body Tuner
K7“代表の走尾(はしお)です。
工学部を出て、富士通系コンピュータメーカーで回路設計を11年以上経験してから人の身体の業界に入ってきました。
今の仕事も四捨五入して20年に入ってきて、かなりレベルが高くなってきています。
コンピュータ業界で培った考え方、アルゴリズムを人の身体を良くする手法に取り入れ、大きな成果を上げています。また、常に手法の修正を行っており、進化する施術を提供しています。
お客さまにはアスリート、ダンサー、職人さん、芸術系の方が多いです。
LINEで送る
Pocket