キネシオテープの開発者の講演会

LINEで送る
Pocket

昨日の平成23年4月24日(日)に浦和の埼玉会館でキネシオテープの開発者であり、キネシテーピング協会の会長である加瀬建造氏の講演会がありましたので、出席してきました。

加瀬建造氏

キネシオテープ自体は、そこそこ世の中に知られてくるようになりましたが、開発した人はあまり知られていないのではないでしょうか。 まっ、開発者を知らなくてもテープを使うことはできるので、特に関係ないと思う方も多いとは思います。

昨日の講演会は、30人程度の小規模なものでした。 開発した人が、今ではどんなことを考えているのかを直接知るチャンスです。そういった知識の積み重ねが、段々と治療技術を向上させます。個人的には協会に入っているし、指導員の資格も頂いているので、直接話を聞く機会は時々あります。 そして、勉強させていただいています。そして、そこで学んだことを患者さんに返すようにしています。

加瀬建造氏

キネシオテーピング最新マニュアル
加瀬 建造
ノースランド出版
売り上げランキング: 500,166

この記事を書いている人

走尾 潤Body Tuning Labo K7"代表 / Body Tuner
K7“代表の走尾(はしお)です。
工学部を出て、富士通系コンピュータメーカーで回路設計を11年以上経験してから人の身体の業界に入ってきました。
今の仕事も四捨五入して20年に入ってきて、かなりレベルが高くなってきています。
コンピュータ業界で培った考え方、アルゴリズムを人の身体を良くする手法に取り入れ、大きな成果を上げています。また、常に手法の修正を行っており、進化する施術を提供しています。
お客さまにはアスリート、ダンサー、職人さん、芸術系の方が多いです。
LINEで送る
Pocket