キネシオテーピングワークショップを開催します。

LINEで送る
Pocket

当院で使っているキネシオテーピング。ちゃんと使うと、とても効果のあるものなのですが、残念ながら一般的にはそのほとんどの効果を発揮させてもらっていないようです。

商品的には多くのお店に並んでいます。でも、使い方と商品の普及具合にはギャップがあるよう感じ。テープ自体がどんな使わ方をされようと、それは使う方の自由です。 極端なことを言えば、壁にポスターを貼るときに使ってもいいのです。でも、それだとかなりもったいない。 プロの方を含め、多くの方は本を見れば貼れるようになると思っています。水泳の本を読んだだけで泳げるようにはならないのと一緒で、本を読んだだけでは効果的に使えるようにはなりません。

そこで、キネシオテーピングのワークショップを開催します。場所はさいたま市で開催日は2011年6月5日(日)です。基本的なテープの扱い方から、どう考えて貼っていくのかまでをやります。テーピングをするうえで一番難しいのは、
「どこに貼るか、どう貼るか」
です。 その辺を、話と実習で体験をしていただきます。 特に練習時間を多く取りたいと思います。ご自身の身体に問題がある方は、それを題材に「確かめ・考え・貼る」ということを繰り返して行なっていただきます。どんなふうに考えて、どんなふうに貼れば、どんな感じになるのか。 そういったことを少しでも習得していただくことによって、今後応用が効くようになると思います。

詳細はこちらをご覧ください→ ここをクリック

楽しく・充実した時間をご一緒させて頂ければと思います。ご参加、お待ちしております。

この記事を書いている人

走尾 潤Body Tuning Labo K7"代表 / Body Tuner
K7“代表の走尾(はしお)です。
工学部を出て、富士通系コンピュータメーカーで回路設計を11年以上経験してから人の身体の業界に入ってきました。
今の仕事も四捨五入して20年に入ってきて、かなりレベルが高くなってきています。
コンピュータ業界で培った考え方、アルゴリズムを人の身体を良くする手法に取り入れ、大きな成果を上げています。また、常に手法の修正を行っており、進化する施術を提供しています。
お客さまにはアスリート、ダンサー、職人さん、芸術系の方が多いです。
LINEで送る
Pocket