キネシオテーピングワークショップ予告

LINEで送る
Pocket

今週末6月5日(日)にキネシオテーピングのワークショップを行います。
その内容を少し紹介します。
普段キネシオテーピングを行っていてよく聞かれるのが、
「○○の時にはどう貼るの?」
ということ。
「こうすればだいたい効きますよ」、というのはお話できますが、「だいたい効きます」って程度のもので、運もあったりします。
それはそれでいいのかも知れませんが、一歩先を行って、
「状況を確認しながら○○なところを探して貼ると効きがいいですよ。」
みたいな、考え方というか原理原則をお話ししようと思っています。
例えば、「腰にはこのテープ」みたいな内容にしてしまうと、習ったパターン以外は貼れないですよね。
それはなんだか、とっても残念。
なので、そういう丸暗記的な貼り方ではなくて、少しでも考え方が分かっていただき、自分で考えながら貼れることを目的としています。
考え方を確認しながら、自分自身の症状に合わせて練習できるような時間も沢山とります。
というか、それが主。
テーピングも技術なので、習うだけでは絶対に貼れないのです、練習しないと。
自らたくさん考えながらたくさん手を動かしていただく。
そんな内容です。
まだ、お申し込みは可能です。
是非、ご参加ください。
詳細はこちらです。

この記事を書いている人

走尾 潤Body Tuning Labo K7"代表 / Body Tuner
K7“代表の走尾(はしお)です。
工学部を出て、富士通系コンピュータメーカーで回路設計を11年以上経験してから人の身体の業界に入ってきました。
今の仕事も四捨五入して20年に入ってきて、かなりレベルが高くなってきています。
コンピュータ業界で培った考え方、アルゴリズムを人の身体を良くする手法に取り入れ、大きな成果を上げています。また、常に手法の修正を行っており、進化する施術を提供しています。
お客さまにはアスリート、ダンサー、職人さん、芸術系の方が多いです。
LINEで送る
Pocket